2005年12月15日

「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」

「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」という番組を知っていますか?
めまい・頭痛などよくある症状から、病名を明らかにするという、ちょっと怖い番組です。
(病気の早期発見の役に立つかと思って見ています‥‥)

「潰瘍性大腸炎もそのうち出るかなぁ‥‥」と思っていたら。
先週(12/6)放送分で出ました。

紹介されたのは27歳女性。
症状は、

・下腹部の痛み
・下腹部の痛みと下痢がひんぱんに起きる
・腹痛と下痢が悪化する
・腹痛が上に広がる
・血便
・猛烈な腹痛

でした。血便の前に下血があれば、ほぼ完璧なのではないかと。

症例の女性は半年で症状が悪化。
大腸の大部分が壊死したため、摘出という結果になっていました。

ゲストタレントの中に、潰瘍性大腸炎の疑いのある人がいなかったので、
医師による治療の説明はなく、
早期発見の方法のみになってしまったのが残念でした。

原因不明なので仕方がないのですが。

それにしても、
最近はTVでも潰瘍性大腸炎の名も、よく聞くようになってきましたね。
それだけ患者が増えているってことなのかもふらふら


ランキングに参加しています。
↓よろしければポチッとクリック願います♪

人気blogランキング


posted by はしばみペンギン at 20:45 | Comment(0) | 日記
2005年12月14日

ご挨拶

はじめまして。はしばみペンギンです。

潰瘍性大腸炎と診断されたのは2004年6月でした。

病状や薬の副作用、低刺激・低脂肪のレシピなど、
潰瘍性大腸炎の方に役立つ情報を綴っていきたいと思っています。

よろしくです♪


ランキングに参加しています。
↓よろしければポチッとクリック願います♪

人気blogランキング

posted by はしばみペンギン at 11:22 | Comment(2) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。