2007年06月22日

ステロイドの威力

少し前の事ですが、家族が怪我をしてステロイドのお世話になりました。
上から落ちてきた物に当たったのですが、当たったところが腫れて炎症を起こしてしまったのです。内出血なので、赤紫色になってしまって痛そうでした。(いや、痛かっただろう)

整形内科に行くと、医師が「炎症を抑える点滴」を使うと言います。
毎日30分程度の点滴でしたが、腫れが治まるより先に、顔と足がむくんできました。

「これってまさか……」看護師に確認するとやはりステロイド!
顔のむくみ(ムーンフェイス)はステロイドの代表的な副作用です。
ペンはステロイドの副作用はほとんど出なかったのですが、やはり個人差があるようで。
同じ生活している家族でも違うモンですね。(←当たり前だ)

幸い、顔はそれほどひどいむくみではなかったのですが、足がパンパンになっていました。靴下のゴムの跡がくっきり残っていて、それもなんだか痛そうでした。(痛くはなかったらしい)

4日目位から腫れも治まり、2週間程で点滴は終わりました。
止めた途端にむくみもなくなり、やれやれでしたが、いや、ステロイドの威力ってすごいです。

腫れあがってた患部が元通りになるんだもの!
それだけ強い薬だから副作用も強いんでしょうね。
ペンの大腸でもこれと同じ事が起こっていたんだなぁ、としみじみ。
大腸の中も見れたら良いんですがね。
そうしたらもうちょっと治療にも真剣味が増すってモンです。(←おい)


ランキングに参加しています。
↓よろしければポチッとクリック願います♪

人気blogランキング
posted by はしばみペンギン at 09:48 | Comment(4) | TrackBack(0) | 潰瘍性大腸炎の薬の副作用
2007年02月09日

むかつきと食欲不振

先週から免疫抑制剤を飲み始めました。

「アザニン錠」という薬です。

体重から計算するらしく、ペンは1日2錠でした。

飲み始めて3日目位から、妙に気分が悪くなりました。

胸がむかむかして、何も食べたくないし、お腹も空かないもうやだ〜(悲しい顔)

これは風邪でもひいたかな、と思い、うどんを食べて早めに就寝眠い(睡眠)

無理せず、静かに、静かに、と週末を過ごしたのですが、変化無く。

これは何かおかしいぞ、もしかして薬の副作用か?と思って説明書を読み返すと(←先に読め)

ありました。


副作用:食欲がない、むかつき等が現れることがあります。

まさにその通りexclamation×2

低血圧も重なって、車酔いに近い感じになりました。

にしても、朝に飲んだ薬で夕方まで気分が悪くて食べれないなんてたらーっ(汗)

あんまりにも気分が悪いので、自発的に飲むのを止めてしまいましたふらふら

ごめん、先生。でも本当に気分悪すぎだよむかっ(怒り)




ランキングに参加しています。
↓よろしければポチッとクリック願います♪

人気blogランキング
posted by はしばみペンギン at 20:25 | Comment(1) | TrackBack(0) | 潰瘍性大腸炎の薬の副作用
2006年12月15日

膝の関節炎

あれは1ヶ月ほど前の事でした。
朝、布団から起き上がろうとすると、膝が痛むのです。

ちょうど寒くなりはじめた頃だったので「冷えたかな?」と思ったのですが。
翌日も、その翌日も、鈍い痛みが消えないのです。

「これは、まさか‥‥変形性膝関節症exclamation&question

軟骨が磨り減ってきたために、骨と神経が触れて痛むという50代以上の女性に多いと言われている病気。
なってしまったが最後、治す事は出来ないのだとかがく〜(落胆した顔)

「ステロイドを飲んでいるとカルシウム不足になるって言うし‥‥もしかして‥‥たらーっ(汗)

カルシウムのサプリメントを止めたのが悪かったかなぁと後悔しつつ、定期健診の際におそるおそる聞いてみました。


 ペン:「先生、膝が痛むんですが‥‥」

F医師:「あ〜、膝に来ちゃったか」

 ペン:「何なんでしょう?」

F医師:「関節炎だね。潰瘍性大腸炎患者にはよくあるんだよ」


そーか、よくある事なのか

とりあえず痛み止めのテープを貰いました。
これが実に、

よく効くんだなぴかぴか(新しい)

市販の貼り薬なぞメではないです。いや、ホント。
成分を考えるとコワいですが、膝でも腰でもかなり良くなりまするんるん

症状自体は潰瘍性大腸炎が良くなれば治まってくるとか。
‥‥と、いう事は大腸が良くならない限りは膝も痛むというコトなのだな。

変形性膝関節症でなくて良かったと考えるべきなのでしょうか?




ランキングに参加しています。
↓よろしければポチッとクリック願います♪

人気blogランキング

posted by はしばみペンギン at 16:28 | Comment(5) | TrackBack(0) | 潰瘍性大腸炎の薬の副作用
2006年10月17日

潰瘍性大腸炎と風邪薬

ここのところ大腸の調子が良くなって「やれ、やれ」と思っていたら、何年かぶりで

風邪を引いてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)


夜に「咽喉が痛いなぁ…風邪かな?」という程度なのに、翌朝になると全く声が出なかったというあせあせ(飛び散る汗)

運悪く病院がお休みだったので、とりあえず市販の風邪薬を飲もうかと思ったら、

母:「あんた、色々と薬飲んでいるんだから止めておいたら?」

と一言。それもそーかと思い直し、でも、しんどいので、飲みたいなぁと説明書を読むと……。


「なお、以下の病気の方は医師に相談して下さい。

潰瘍性大腸炎……」

……駄目だったパンチ

ありがとう、お母さん。
何が駄目なのかわからないけど、駄目みたい。

仕方ないので、その日は頭を冷やして安静にし、翌日近所の病院へ行きました。(済世回中津病院まで行って、待つ気力がなかったのだたらーっ(汗)


医師曰く、ウイルス性の風邪で、声帯が腫れているので声が出ないとの事。
薬を出してもらう段になって、潰瘍性大腸炎であることと処方箋を見せました。

医師は悩んだ結果、4日分の薬を出してくれました。

風邪薬を飲むと下痢をしやすくなるらしいです。
(逆に便秘になるというのもあった。なれるものならなってみろ)

市販の風邪薬もそれで駄目みたいですね。




で、風邪薬を飲みはじめて2日目。

……やっぱりバッド(下向き矢印)気味です。

どーしてこーいう時だけ素直なんだ、私の大腸はむかっ(怒り)

免疫抑制剤を飲んでいたらもっと厄介だったのかなぁと思いつつ……。

手洗い・うがいは大事です。暖かい日も油断なきよう気をつけましょう。




ランキングに参加しています。
↓よろしければポチッとクリック願います♪

人気blogランキング

タグ:風邪
posted by はしばみペンギン at 13:48 | Comment(4) | TrackBack(0) | 潰瘍性大腸炎の薬の副作用
2006年02月21日

謎の染み‥‥

これは副作用と言って良いのか、わからないのですが。

とりあえず「副作用ではないかと思う」というレベルの事例として紹介します。

ステロイド服用の1年後位の夏でした。
制服のスカートに何やら染みがつくようになりました。
ちょうど、おしりから太ももの辺りです。

最初は何か汚れたかなぁと思っていたのですが、
朝はキレイなのに、夕方には同じ場所に染みが‥‥。

油っぽい匂いがするので、

(作業着の人間がよく座る椅子に座ったせいかな?)

と思い、椅子に座る時にこっそりハンカチをひくようにしました。

‥‥が、やはり染みは消えません。

これはおかしいぞ、と思いスカートのおしり側に当て布を作ってもらう
(↑お母さん、いつもありがとう。不器用な娘でごめんなさい)

と、そこにはっきりと染みが‥‥。

なんと、
それはペンの身体から出ているモノだったのです。

正直言って、気持ち悪い
場所から言って、太ももの辺りでした。


当時の担当、K医師曰く、

K医師:「‥‥そんな副作用は聞いた事ないなぁ」
 ペン:「でも、他に原因は考えられないんですよ」
K医師:「油脂過剰にはなるから。にきびが出るのと同じ症状かもしれないね」

なんで食事制限で油モノを食べてないのに、油が出るんだあせあせ(飛び散る汗)

不条理なような気がしますが、
出てしまうものは仕方がありませんふらふら

その後は当て布をつけて過ごしましたが、
1ヶ月程度でぴたりとなくなりました。

何だったんでしょうかねぇ‥‥。
今でも謎です。


どなたか同じ症状が出たかた、いらっしゃらないですか?


ランキングに参加しています。
↓よろしければポチッとクリック願います♪

人気blogランキング


posted by はしばみペンギン at 11:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 潰瘍性大腸炎の薬の副作用
2006年02月20日

にきび

ムーンフェイス同様、にきびもよくみられる副作用です。

出来るところは色々のようですが、ペンは顎のラインに出ました。
やはりステロイドを使用して、1年半後位からです。

モノは、にきびなのですから、市販薬を塗ったのですが、
これがまずかったのか、ひどく炎症しましたたらーっ(汗)

ガーゼを貼って寝たのですが、
夜中に掻き毟ってしまうのか、朝には腫れ上がりました。

いや、もう人相が変わりました。
四角になっているんですよ、顔が。

定期健診の2日前だったので、とりあえずそのまま待って、
病院に行きました。

部屋に入るなり、

F医師:「どーしたんだ、それは!」
 ペン:「にきびが出来たんですが、掻き毟ってしまったらしく‥‥」
F医師:「すぐ、皮膚科に行って下さいよ。帰っちゃ駄目だからね」

‥‥総合病院って便利です。

皮膚科の先生(女医さんでした)に薬を出していただきました。
ステロイド系の薬だったので、正直、

(またステロイドの量が増えるのか。嫌だなぁ‥‥)

と思ったのですが、このままでは外も歩けない。(←出社したけど)
背に腹は変えられないということで、すぐに薬を塗りました。

すると‥‥。

当日中に腫れがひき、
翌日にはただれが治りました。


おそるべし、ステロイド!

これと同じ現象が大腸のなかでも起こっているのですね。

あれほど効く薬なのにまだ下血が止まらないとは‥‥
どれほど炎症が深いんだ、自分。

やはり長く放っておいた報いなのでしょうもうやだ〜(悲しい顔)

にきびはその後、副作用のない薬に変えて、治療しています。
だいぶキレイになりましたが、まだ少し赤にきびが残っている状態です。

針で膿を出してもらうと早く治るんですが、
痛いんですよ、これがあせあせ(飛び散る汗)



ランキングに参加しています。
↓よろしければポチッとクリック願います♪

人気blogランキング

posted by はしばみペンギン at 12:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | 潰瘍性大腸炎の薬の副作用
2006年02月19日

知覚過敏

知覚過敏。ご存知ですか?

「シュミテクト」のCMなどでお馴染みの、あの症状です。

冷たいものが歯にしみる。時には熱いものも歯にしみる……。
虫歯かと思って歯医者に行くと、虫歯はなかったりする。

そこで知らされる病名。

それが知覚過敏です。

F医師には「関係ないでしょう」と言われてしまいましたが、
潰瘍性大腸炎患者の中には知覚過敏の人も多く、
関連性があるのでは、という報告もあるそうです。

ペンは去年の5月位から、ずっとこいつに悩まされていますもうやだ〜(悲しい顔)

歯医者にも行きましたが、薬も効果なし。(3種類ほど試しましたが)
ついにサジを投げられてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

別の歯医者にも行きましたが、
「知覚過敏には、こまめなブラッシングしかないんですよね〜」
と言われ、ブラッシングの仕方を習いました。

ポイントは一本づつ、丁寧に磨くこと。
ちゃんと出来ていれば、20分位かかるハズだという事です。

頑張って続けていますが、今のところ効果はないです……。

冷たいものどころか、水道水でもしみます。

副作用だとすると、
ステロイドが切れるまで治らないという事になってしまうのですがたらーっ(汗)

どなたか良い治療法をご存知ないですか?



ランキングに参加しています。
↓よろしければポチッとクリック願います♪

人気blogランキング
posted by はしばみペンギン at 16:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潰瘍性大腸炎の薬の副作用
2006年02月12日

ムーンフェイス(顔のむくみ)

薬を長く服用していると、どうしても出てきてしまうもの。
それが副作用ですたらーっ(汗)

特にステロイドは、効き目の強さに比例するのか、色々な副作用があります。

一番有名なものが、ムーンフェイス(顔のむくみ)ではないでしょうか。

文字通り顔がむくみ副作用で、顎のラインから耳の辺りまでの下半分が丸くなります。
ペンもステロイドの服用が1年半を過ぎた頃から出始めました。

幸い、そんなにひどくはなく「ちょっと太った〜?」
と聞かれる位で済んでいますが、顔なのでやっぱり気になりますあせあせ(飛び散る汗)

せめてもの抵抗として、むくみ解消マッサージをやっています。

やり方は簡単。

顎から耳に向けてのラインを揃えた指(3本)でゆっくり10回位なぞる。
同様に、頬から耳、目元から耳、額から耳の順番でなぞる。
左側が終わったら、右側というように半分ずつ行う。

ポイントはあまり強くしない事と、リンパ腺の流れを意識する事。

むくみ解消の商品もいろいろ出ていますが、
とりあえず、自分でマッサージしてみるのが一番良いような気がします。


ランキングに参加しています。
↓よろしければポチッとクリック願います♪

人気blogランキング

参考までに……
posted by はしばみペンギン at 17:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 潰瘍性大腸炎の薬の副作用
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。