2007年11月27日

人づきあいで人を動かす



人づきあいで人を動かす
著者: 深見東州
出版社: たちばな出版
サイズ: 単行本
ページ数: 248p
発行年月: 2001年08月


本「人間関係」−−−これに悩まない人はいないのではないかと思います。

学生なら学校、お勤めなら職場、自営業なら取引先やお客様、誰でもどこかの集団に属しています。ネットで仕事をしている人でもご近所づきあいがありますしね……。
ペンは派遣社員として働いていますので、職場の人間関係には特に気をつかいます(^^;
何とか楽に出来ないかなぁ、と読んでみた本です。

上司・部下とのコミュニケーションの在り方が実例に基づいて説明されています。
一切の建前を取り除き、本音の部分が書かれているので「それを言っちゃあ、お終いよたらーっ(汗)」という部分もありますが、その分、説得力があります。

ペンが目からウロコだったのは「人間関係を円滑にするうえで重要なこと=諦める」という部分。

苦手な上司・部下がいるという方は一読の価値があると思います。
主に、会社勤めの男性に向けて書かれているのですが、女性でも応用可能です。女性に対して気をつけることの部分に妙に納得。うん、女はそんな生き物だ(笑)

2001年発売の本なので、図書館でもそんなに待たずに借りれると思います(←おい)

ストレスは潰瘍性大腸炎を悪化させます。
なるべく楽しく生きられるようにしたいものですね。



ランキングに参加しています。
↓よろしければポチッとクリック願います♪

人気blogランキング


posted by はしばみペンギン at 20:53 | Comment(3) | TrackBack(0) | 潰瘍性大腸炎の本&参考図書
この記事へのコメント
 ペンさん、おはようございます! 

職場は、気の会う仲間だけのはずもなく、仕事だけのストレスならまだしも、そこに職場の人間関係まで絡んでくると、よけいにイライラしますよね。。
 つかず離れず、一歩引きながらも自分を主張する。
自分は接客業なんで、職場の関係以外にもお客様からストレス攻撃もうけています。^^;;
 まぁ、年重ねるごとに自分も図太くなってきましたので、ある程度のストレス、人間関係は右へ流せるようになりました。^^
Posted by ゲン at 2007年12月03日 11:08
興味深い本ですね☆
なんかとっても気になるので、図書館に早速行って探してみたくなりました!!
人間関係ってホント難しいですよね。。。
私もこの間転職活動を終えて、新年から新しい職場で働くことになりました。
今の職場は片道2時間。次は片道車で15分です☆通勤はかなりラクになりますが、主婦業もままならないのに新しい職場っていうのも、上手くできるか心配です。
でも、やる前から悩んでてもしょうがないですしね☆がんばります。
まずは、本読んでみます☆
Posted by みかん☆ at 2007年12月04日 16:04
>ゲンさん

接客業はまた違う人間関係があって大変ですよね。
「お客様」は言いたい放題ですから(^^;
情報過多の時代はストレス世代でもあります。
潰瘍性大腸炎患者でなくてのストレスは万病の元。
最終的には「まぁ、良いか」で済ませるようにしていますw


>みかん☆さん

読みやすい本ですので良かったら借りてみて下さい。
男性が書いているので、女性にとって一番大事(&大変)な「同僚」の対処が書いていないのが残念ですが(^^;
新しい職場はドキドキしますよね。
みかん☆さんにとって楽しい職場になりますように。
Posted by はしばみペンギン at 2007年12月04日 23:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。