2007年08月29日

ダメだった食材 〜カスタードクリーム〜

潰瘍性大腸炎患者には、控えた方が良いと言われる食材がいろいろあります。

肉類・青魚・香辛料・食物繊維・脂肪分の高いもの……。
症状の重い時(下血・下痢・腹痛などがある場合)は避けるのが当然ですが、良くなってくれば少し位は食べたいですよね。
体質によっては「まぁまぁ大丈夫なもの」もあれば「……ダメだ」というものもあります。
これは個人差がかなりある事ですので、一度、食べてみて様子を見るしかありません。

いろいろ食べると何が原因かわからなくなるので、1日に何か一つだけ、避けた方が良いと言われている食材を食べてみる。
それでしばらく様子をみて、大丈夫なようなら少しだけ食べる。
ペンはこの方法で自分にとって「大丈夫」「まぁ、大丈夫」「ダメ」と食材を分けています。
(この時の食材を「チャレンジ食材」と呼んでいます)

今まで色々と試してきたのですが、強烈な失敗が何度かありました。
一番、最近なのがこれ。

「カスタードクリーム」

シュークリームに入っている、アレです。チャレンジしたのはパン屋さんのクリームパン。
掌サイズ位のクリームパンを半分ほど金曜日に食べました。バニラビーンズの入った本格派で、食べた時に「やばいかなぁ」と思ったら、これが効果覿面パンチ
翌日から下痢&下血でのたうつ羽目にもうやだ〜(悲しい顔)

食べて5日目、ようやく下血が減ってきました。
せっかくコツコツと治して来たのに、何事も壊すのは一瞬です。

基本的なカスタードクリームの原材料は卵と牛乳、小麦粉とバニラビーンズ。考えられる原因は牛乳でしょうか?
退院後すぐに(←今にして思うと無謀としか言いようがない)ホットミルクを飲んだ時も大変でしたふらふら

牛乳はペンには合わないみたいです……。
大丈夫な人は大丈夫らしいんですがあせあせ(飛び散る汗)



ランキングに参加しています。
↓よろしければポチッとクリック願います♪

人気blogランキング
posted by はしばみペンギン at 21:07 | Comment(7) | TrackBack(0) | 食材についての体験談
この記事へのコメント
こんばんは〜。ペンさん。

なんとなく涼しくなってきたみたいですが
騙されません!きっと9月も暑いですよ〜
 そうですね。たしかにUCを発症してから食べ物には気を使うようになりましたね。
 自分も牛乳そのままでは飲まなくなりました。あとコーヒーもほとんど飲まなくなったし。
 我慢というより、体に悪いと思えば自然と食べたり飲んだりしなくなるみたいですね。
Posted by ゲン at 2007年09月01日 00:18
>ゲンさん

9月ですがまだまだ暑いですね(^^;
それなのに夏風邪を引いてしまいました…。昔は風邪なんか引かなかったのになぁ。

身体も変わってくるみたいですね。
ペンは揚げ物を食べたくなくなりました。デパチカに行っても、匂いだけで「もうダメ…」って感じです。
Posted by はしばみペンギン at 2007年09月03日 19:25
ダメでしたか・・・。
私は、プレドニン飲んでいながらも一年中下血していたので、
あんまり食べ物にはこだわっていませんでした(^-^;

一時期は、お粥に温野菜、うどん、タマゴ、はんぺん、油は使わない
などとして生活していましたが、それも飽きてフツーの食生活に・・・
今ではそれもオペまで来てしまった要因では!?と思ってしまうのですが、後の祭り(笑)
いや、私の食生活は、チョコ食べるしお酒も飲むし(断るのが苦手で・・・)とかやっていたので、
ちょっとくらい普通の食事ってくらいなら私のようにはならないはず・・・と思います。


私が唯一これはダメだったと分かるのは、キットカットですね!食べた瞬間激腹痛、トイレに駆け込み出てこない。。。
やっぱりチョコレートはよくないです(笑)ちなみに私は牛乳がぶがぶ飲んでました(^^)v


そういえばなんですが、入院でのびのびになっていたリンク、そのうちさせて頂きますね。

Posted by ふぅぁ at 2007年09月04日 20:49
体調の方は大丈夫ですか??

食べて5日目でようやく下血が減ってきたってかなり酷かったのですね。。。

彼は牛乳大好きなので、ガブガブ飲んでいます。
本当に皆さんそれぞれなんですね。

ペンさんの体調が良くなりますように☆

Posted by みかん☆ at 2007年09月05日 14:41
>ふぅあさん


リンクありがとうございます♪
退院後は調子良く……とはなかなかいっていないみたいですね(^^;

ペンは既に36歳、身体が「あっさり系」を求めているのかもしれません。20代の頃ならこうはいかなかったのかも。

チョコレートは強力みたいです。
ペンに付き合って「あっさり系」の食事に慣れてしまった家族(健康体)は、最近はチョコレートを食べると胃が痛むとか。
刺激物&脂質の無敵タッグマッチ、恐るべし。


>みかん☆さん

今はもう元通りです♪
牛乳はダメなのにヨーグルトとチーズ(少量)はOKというワケのわからん状態です。
発酵していると大丈夫なのかなぁ?
つくづく謎です。

とりあえずカスタードクリーム系のものは避ける事にします。
やはりお菓子は和菓子だな。
Posted by はしばみペンギン at 2007年09月07日 18:39
家族がこの病気なので、色々食材を探しています。
ところでカスタードクリームが駄目、というのを読みました。恐らく、牛乳が駄目なんですよね。
私も最近知ったんですが、カスタードは洋菓子だけでなく、中華のお菓子にも使われます。でも中華のカスタードは牛乳を使わないのだそうです。牛乳ではなく、お湯を合わせるのです。作り方はほぼ同じなんですが、牛乳の代わりにお湯を入れて、火に掛けて、攪拌するそうです。中華のカスタードは、確かに洋菓子の物より少しさっぱりした感じですが、しかし十分にあのカスタードの味と風味を持っていて、私は結構好きです。もちろん市販の物だと実際何が入っているかわかりにくいと思いますので、お店の人にちゃんと確認するか、もしくは自作してみてはどうでしょうか。ちなみに私もケーキが食べられなくなった家族に、作ってみようと思います。
Posted by ふろすと at 2011年01月26日 03:06
>ふろすとさん

レスありがとうございます。
そうなんですよ。どうも牛乳が問題らしく^^;
中華のカスタードは牛乳を使ってないのですか!
お湯でも作れるものなんですね。
是非、チャレンジしてみたいと思います(^_^)v
Posted by はしばみペンギン at 2011年02月01日 23:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53177093

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。