2007年06月22日

ステロイドの威力

少し前の事ですが、家族が怪我をしてステロイドのお世話になりました。
上から落ちてきた物に当たったのですが、当たったところが腫れて炎症を起こしてしまったのです。内出血なので、赤紫色になってしまって痛そうでした。(いや、痛かっただろう)

整形内科に行くと、医師が「炎症を抑える点滴」を使うと言います。
毎日30分程度の点滴でしたが、腫れが治まるより先に、顔と足がむくんできました。

「これってまさか……」看護師に確認するとやはりステロイド!
顔のむくみ(ムーンフェイス)はステロイドの代表的な副作用です。
ペンはステロイドの副作用はほとんど出なかったのですが、やはり個人差があるようで。
同じ生活している家族でも違うモンですね。(←当たり前だ)

幸い、顔はそれほどひどいむくみではなかったのですが、足がパンパンになっていました。靴下のゴムの跡がくっきり残っていて、それもなんだか痛そうでした。(痛くはなかったらしい)

4日目位から腫れも治まり、2週間程で点滴は終わりました。
止めた途端にむくみもなくなり、やれやれでしたが、いや、ステロイドの威力ってすごいです。

腫れあがってた患部が元通りになるんだもの!
それだけ強い薬だから副作用も強いんでしょうね。
ペンの大腸でもこれと同じ事が起こっていたんだなぁ、としみじみ。
大腸の中も見れたら良いんですがね。
そうしたらもうちょっと治療にも真剣味が増すってモンです。(←おい)


ランキングに参加しています。
↓よろしければポチッとクリック願います♪

人気blogランキング
posted by はしばみペンギン at 09:48 | Comment(4) | TrackBack(0) | 潰瘍性大腸炎の薬の副作用
この記事へのコメント
ほんとにステロイドって凄いですね。。。
私は彼と付き合い始めたときは彼はステロイドは飲んでいなかったのですが、中学生の時とか、大学生の時(←ひどかった時)の話をきくと、パンパンだったそうです。
今は顔も体もガリガリですが。
ご家族の方の怪我も痛そうですし、大変でしたね。無事に良くなっているみたいで、良かったですね☆
Posted by みかん☆ at 2007年06月22日 14:14
>みかん☆さん

ステロイドの効果は皮膚炎になった時にも思い知ったのですが、本当にスゴイです(^^;
若い人の方が副作用も強い印象がありますね。新陳代謝が良いせいでしょうか。
ちなみに、家族の怪我はすっかり良くなりました。
どんな薬も使いようですねw
Posted by はしばみペンギン at 2007年06月22日 15:48
こんばんは。ペンさん。
自分の時も3週間様子を見て改善しないようなら、ステロイドを使うかも。と言われました。
幸いにも2度目の内視鏡で若干の改善が見られたので免れましたが..
 医師もできるなら使いたくないと言ったわけが薬の強さであり、怖さなのでしょうね。
自然治癒力が一番なのでしょうが、ステロイドなどを生み出した人間の研究心も凄いですよね。
Posted by ゲン at 2007年06月22日 21:19
>ゲンさん

こんにちは。レス遅くなりまして申し訳ございません(^^;

ペンも入院三週間目で内視鏡→ステロイド投入決定でした。ペンの場合は改善が見られなかったのでプレドニン投薬、と相成ったわけですが……。

ステロイドの効果はすさまじく&素晴らしいです。使い方さえ間違えなければ、治療には大いに役立ちますねw

過ぎたる葉及ばざるがごとし。
何でもさじ加減が難しいのだなぁとつくづく思う今日この頃です。
Posted by はしばみペンギン at 2007年06月25日 09:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45576405

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。