2014年12月11日

難病申請に行って来ました


早いもので12月。師走です。
難病申請に行って来ました。

2015年1月から難病医療費助成制度が新制度に変わるので年内に手続きをしないと、現在の助成対象者に与えられている経過措置(3年)が受けられないのでギリギリですあせあせ(飛び散る汗)

今までは家族に申請してもらっていたのですが、今回は新制度について聞きたい事があったので自分で行って来ました。

平日、通院の後に午後休を取得して行ったので空いていました。
五分ほど待って書類を提出。

特に何も質問されることもなく「はい、いいですよ」と受理。
今までのように継続ではないので、新認定書が送付されて来るまでは病院でまず支払い、後ほど返金という形になるそうです。
まぁ、早く申請に行かなかった私が悪いし、症状が落ち着いているので限度額を超えることもないからそれはいいとして。

聞きたかったことは新制度より追加になった

「指定医療機関および指定医」のこと

簡単に言えば国の許可がある病院&医者でないと助成金は出さないよ。ということです。
じゃあ「どこの病院が対象なの?」となるのですがまだ決まっていないとか。
「だいたいの病院はOKなんじゃないかなぁ」と実に緩い返事をいただきました^^;

申請書に現在通院中の病院を記載して提出してきました。
引っ越しなどで病院を変わった場合は変更連絡が必要とのこと。

新制度では自己負担額が増えるとともに、軽症で医療費が高額ではない人は対象外になるみたいです。
ちなみに高額とは医療費が月10万円の人。G−CAPを受けている方は対象になるということかな。

気になるのは「経過措置の終わった4年後はどうなるの?」ということですが、これについては明確な返答が。

わかりません

現状の社会情勢を見るに、負担が増えることはあっても減ることはないでしょうから
今から貯蓄をするしかないですね。

それまでに1日1回飲めば良い!みたいな新薬が開発されて治ればいいのにな。


ランキングに参加しています。
↓よろしければポチッとクリック願います♪

人気blogランキング
posted by はしばみペンギン at 20:42 | Comment(8) | TrackBack(0) | 潰瘍性大腸炎
この記事へのコメント
ペンさん こんにちは。
ご無沙汰しております。

症状は落ち着いており 薬が効いているのか
寛解期なのかわかりませんが とりあえず薬を飲む以外は 普通に生活できてます。

ペンさんをはじめ皆さん あまりお見えにならないので 良い方向で生活送ってらっしゃるんでしょうね。(^^
この病気は 経験した人しか分からない肉体的にも精神的にも辛い日々を送らなければなりませんので 何とか良いお薬が出来ることを願ってます。私のようなおじさんはまだ諦めがつきますが 若い人たちに 一生この病気を気にしながら生きていかなければならないのはちょっと酷なことです。

話は変わりますが 特定医療費受給者証が届いたのですが 私の場合月の負担限度額が2万円なので 悪化するとか入院しない限り全額負担になるので 今後更新申請する意味があるのか疑問符がつきます。難病と言っても(医療費の増大で)相応の負担をしなければならないのは仕方が無いことですね。
Posted by あんこ屋 at 2014年12月29日 17:27
>あんこ屋さん

ご無沙汰しております。
症状が落ち着いているとのことで良かったですw

ペンも発病が30代に入ってからでしたのでまだ良かったなぁと思っています。
10代の時だったら海外旅行とかバス旅行とか行けなかっただろうなぁと。
体調に関わらず精神的に^^;

ペンは院外処方で薬代の負担を0円にして貰っているのでそこは大きいかな。飲んでいる薬の量が多いので。
普通に通院している限りはG−CAPでもしない限りは限度額には届かない現役世代。でも、安定している方が良いですね(^^)/
Posted by はしばみペンギン at 2014年12月29日 18:58
ぺんさお久しぶりです。

私も受給者証が届きました。

今回は手続きが複雑で、役所の中を言われるがままにあちこち回り、1時間以上かかって提出しました。(>_<)

今は働いていないので父の扶養家族で、以前は父の収入で負担額が決まっていましたが、今回は本人の収入が基準になったので、以前より少ない負担額で済みました。

恒例の内視鏡検査もしましたが、炎症は治まっていますが、以前の悪化した跡が狭窄を起こしていて、今度 以前のような炎症が起こったら詰まってしまい、手術になるかも知れないと言われショックです。

2ヶ月間鉄剤の点滴をしてもらい、今は快調で、大好きなケーキも食べていますが、調子に乗っているとえらい目にあいそうです (^_^;)

私も病気になってから海外旅行もバス旅行も行って無いです。

海外旅行は担当医から止めといたほうがいいと言われて、バスは精神的に無理です。

早くいい薬ができて、また昔のように海外を飛び回りたいです。

お正月は雪が降るとのこと
風邪をひかないように穏やかな年始を迎えましょう (*^_^*)







Posted by ぷーさん at 2014年12月29日 21:08
ペンさん こんにちは。

受給者負担のことですが
私もこれまでは治療費上限が5,770円で薬代は院外処方で無料で 1ヵ月にどんな治療やどんなに薬を処方されても5,770円以上払わなくてもよかったのですが 
今回の更新(新制度)で治療費と薬代の合算で個人負担1ヵ月上限20,000円になりました。また 院外処方箋の薬局も予め個々人で指定し その薬局以外で処方してもらっても控除申請の金額としては認められなくなりました。
今までは薬代を支払っていなかったのでいくらかかっていたのか解りませんが 薬代も実費になるので負担は増えることになりますね。
Posted by あんこ屋 at 2014年12月31日 14:06
>ぷーさん

こんばんは。おお、ぷーさんも届いておりますか。
私も早く手続きすれば良かった(^-^;

手術……というのは大腸摘出手術でしょうか?
以前、講演会で「長期投薬よりも摘出手術の方がリスクは少ない」という考えもあると聞いたことがありますが、やっぱり手術は嫌ですよね。ペンは痛みに弱いので単純に怖い^^;

来年のお正月は天候が荒れるようですね。
寒くなりそうですので体調を崩さないようにお気を付け下さい。
ご馳走も調子に乗らないようにセーブしなければならないのが辛いですが^^;
どうぞ良いお年をお迎えくださいw

>あんこ屋さん

こんばんは。あれ?薬代はかからないと聞いたのですが違ったかな^^;
経過措置の間だけだったのかも。受給者証が到着したら確認してみます。

ペンは薬代が高いので、おそらく上限は越えると思われ。これを機に先生に減らせないか提案してみるのもいいかも。
病院&薬局が変わった時は書類提出の義務があるそうですね。
今の所、変える予定はないですが引っ越しとかあると大変そう^^;

健康が一番の節約と言う言葉が身に染みる^^;
今の体調をキープできるように気をつけて過ごしたいと思います。
あんこ屋さんもお気をつけてお過ごし下さい。
どうぞ良いお年をお迎えくださいませw
Posted by はしばみペンギン at 2014年12月31日 18:12
皆さん大幅に増額のようですね。

私は、以前の制度では父の収入で決まっていたので
外来限度額は11550円でしたが、今回の制度になって自分の収入で決まり、ぷー太郎の身分なので、2500円と大幅に少なくなりました。

手術とは、狭窄した部分を広げる手術のようです。

ただ、結果の写真を見ながら、他もだいぶボロボロになってるからその時には全摘になるかもなぁ〜ってぼそっと言われましたが…

以前入院した時、なかなか回復せず、このまま全摘手術になるかもしれないよと言われ、下痢・下血・高熱続きのあまりの辛さに、全摘したら楽になりますか?と聞いたところ、本来ある部分が無くなり、小腸で大腸の変わりの部分を作ったりして不自然な事をするからそれなりの不都合が起こってくるので手術はしないにこそた事は無いよと言われました。

内科の先生と外科の先生では考え方も違うのでしょうが…

とりあえずは食事に気を付け、無理はせず、ストレスを溜めずに新薬と新治療を待つ…でしょうか

Posted by ぷーさん at 2014年12月31日 23:21
>ぷーさん

そうですね。確かに講演していたのは外科の先生でした。
内科の先生は手術を嫌がる傾向があるのでしょうか。
専門ではない分野だからかなぁ……。

手術はやらずに済むのならそれが一番ですよね。
ストレスをうまく発散させつつ、悪化しないようにつきあっていければいいなぁと思います。
Posted by はしばみペンギン at 2015年01月09日 23:48
ペンさん 皆さん
明けましておめでとうございます <(_ _)> 

年末から風邪をひき、薬のせいか風邪の症状か解りませんが、お腹ヤバいです (-_-;)

年明け早々に診察に行って来ましたが、CRPは上がっておらず、様子を見ることになりましたが、それよりショックな出来事が…

今まで10年以上お世話になった先生が3月で退職されることになりました (@_@)

長いお付き合いで、私の体質、家庭の状態…
色々理解してくれている先生が…

以前も先生の交代はあったのですが、こんなに長く診てもらっていなかったので、さほどの戸惑いは無かったのですが、もちろん後任の先生にきちんと引き継ぎがされるのでしょうが、とても不安です

私もペンさんと同じ専門医のF先生に引き継ぎされるように願っていますが、先日、院内でいただいたIBDのサッシに当院のUC患者250人…と書かれていたので、そう上手くはF先生に振り分けられないでしょうね

お正月早々、風邪はひくは担当医は退職するはでへこみまくっています








Posted by ぷーさん at 2015年01月10日 19:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。