2013年01月23日

大腸内視鏡検査in2013年(浣腸のみ)

2013年の大腸内視鏡検査に行って来ました。

今回も下剤を飲まず、浣腸のみでの検査です。
去年も浣腸のみでした。おおまかな流れはほとんど去年と変わりません^^;
(去年の様子はコチラ

3日前からの「植物繊維避け」&「前日は朝・昼・晩ゼリー」食生活作戦。
ゼリーやらプリンやらでお腹を膨らませたのですが、やっぱり寒いので今回はコンソメスープを増やしました。ゼリー系は甘いものばかりなので、塩味が嬉しかったです(^^)v

なるべく水分を、という事でペットボトルの水を片手に病院へ。
14時からの検査だったのですが、呼ばれたのは14時半。前回と同じように検査着に着替えてから処置室にて浣腸。
「なるべく5分我慢して下さい」と言われて渡されたタイマーを持ってトイレへGO!

2分が限界でした
…うん、まぁ前回よりは頑張ったよ。

トイレを出るとすぐに検査室へ。ベットに横になり、血圧&酸素をはかる機械を左手につけ、右手にぶっとい注射を打たれ「薬を入れます。フワッとしますよー」の声と共に眠りの中へ。

いつもながら全く記憶にございません^^;

内視鏡検査にはなるべく麻酔薬は使わない方が良いのでは?
という意見もあるのですが、痛みに弱いペンとしては眠っている間に終わる方が楽で良いと思っています。
なにせ、入院中に点滴が痛い痛いと大騒ぎしたので。麻酔薬なしだと暴れて検査にならないかもしれません^^;

今回はきちんと出て来た時間を確認出来ました。
検査室に入って出て来るまで20分程でした。

リクライニングの椅子に座って、寝とぼけた頭を少し醒まして着替え、清算をして帰りました。
今回は薬が効きすぎたのか、帰ってから2時間ほど寝てしまいました^^;

看護師さんに「ポリープはありませんでした」と言われたのをぼんやりと覚えているので、悪化はしていない…と良いなぁ。


ランキングに参加しています。
↓よろしければポチッとクリック願います♪

人気blogランキング
posted by はしばみペンギン at 20:15 | Comment(6) | TrackBack(0) | 潰瘍性大腸炎の検査
この記事へのコメント
ペンさんお久しぶりです

保健所から特定疾患の更新手続きの書類が送られてきました〜

自分は体調が良いので今年から軽快者認定になりそうな予感がするのですが・・
軽快者認定になると薬代とか免除にはならないんですかね〜?

わかる範囲で教えて貰えたら助かります
Posted by カズ at 2013年02月07日 05:18
>カズさん

お久しぶりです。
ペンはまだ軽快者認定になった事がないのでよくわからないのですが、ネットで調べた限りでは医療費補助制度の対象外になるみたいです。「特定疾患登録証」が交付され、症状が悪化した場合は医療費補助になる、という事なので1年間同じというワケでもないみたいです。自治体によって違いがあるかもしれませんので、詳細は保健所にお問い合わせ下さいね(^^)v
安定しているのは良いですが、薬代がかかるのはキツイですね^^;薬を飲まなくて済む様になってくれればなぁ、と思います。
Posted by はしばみペンギン at 2013年02月09日 10:33
ペンさん
ありがとうございます。
薬を毎日飲んでる以上、軽快者扱いはやめてもらいたいもんですわ〜

火曜日にでも保健所に問い合わせしてみます。
Posted by カズ at 2013年02月09日 13:32
>カズさん

お力になれなくてすみません^^;
ペンが以前に聞いたところによれば、免疫抑制剤を飲んでいる限りは軽快者にはならないらしいとの事でした。
Posted by はしばみペンギン at 2013年02月09日 19:25
ペンさん ご無沙汰してます。

内視鏡の検査結果は 如何でしたか?
順調だった事を 願ってます。

私ですが・・・
退院してから 順調にプレドニンを減らせてこれましたが 3mgまで減らしたところで急ブレーキで 血便がありその後下痢が続き 本日内視鏡検査をして 悪化しているとの所見でブレドニン5mgに アサコールも6錠を9錠におのおの増やし経過観察になりました。(T_T)
 
以前 ペンさんがプレドニンからの離脱が大変と言われていたのが 身に染みてます。(^^;;

ブレドニン3mgに減らすまでは あの苦しい症状が嘘だったように快調でしたが・・・。
どうやら 大腸君にお伺いをしながらの長いお付き合いになりそうです。トホホッ・・・
Posted by あんこ屋 at 2013年02月13日 21:30
>あんこ屋さん

レス遅くなりまして申し訳ありません。
残念ながら結果はよくありませんでした^^; 炎症が出てきているそうです……。

ペンもステロイドは抜群の効き目があったのですが、なかなか離脱出来なかったんですよねぇ。今はステロイドの位置が免疫抑制剤になりまして、そちらは手を切る見通しもないという……。

うん、焦りは禁物ですね。
お互い大腸君の様子を伺いつつ、ほどほどに頑張りましょう(^^)v
Posted by はしばみペンギン at 2013年02月24日 19:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。