2006年07月28日

G−CAP治療(7回目)

7回目のG−CAP治療に行って来ました。

前回、一回りしたのだろうと書きましたが、とんでもなかったです。

今回はS技師でした。何人いるんだ、透析センターたらーっ(汗)

いつものように準備をすませて横になり、針が刺さるのを待ちます。



このS技師、ペンの血管を見ながらポツリと一言。

S技師:「……今まで一回で入った?」

 ペン:「はい」

S技師:「みんな上手だねぇ……」


不安になるような事を言わないでくれむかっ(怒り)


自信なさげにS技師。針を刺します。

……………

……………


痛かったもうやだ〜(悲しい顔)


ペンテス貼っていても痛い時は痛いんだとわかりましたあせあせ(飛び散る汗)

後はいつものように眠い(睡眠)でした。


S技師いわく、最近G−CAPを受けている患者が増えているそうです。
医師の流行なのかな、とも。

治療にも流行があるんですねぇ……。




ランキングに参加しています。
↓よろしければポチッとクリック願います♪

人気blogランキング
posted by はしばみペンギン at 21:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | G-CAP(白血球除去治療)
この記事へのコメント
こんばんは〜! ペンさん。

もう7回目ですか。
次から次と出てくる技師さん達に
番号札でも付けたいですね。

ついでに、針刺すのがうまい技師さんを
指名できるといいのに。^^;;

回を追うごとに体が浄化されていきますように!^^
Posted by ゲン at 2006年07月29日 23:31
>ゲンさん

こんばんは。

「注射のうまい技師さん指名制」はぜひ取り入れてほしいサービスですね〜。
某社の「エプロンご指名」ではないですが(^^;

7回目が終わった辺りから、下血がかなり減って来て、なかなか良い感じになってきました♪
Posted by はしばみペンギン at 2006年07月30日 20:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。