2011年06月04日

食中毒!

お久しぶりです。
6月に入りましてやたらと食中毒のニュースが世間をにぎわせております。

ユッケは生肉なので原因がわかるとしても、
ヨーロッパの事件は原因不明という所がよりコワいたらーっ(汗)

スペイン産のキュウリが原因とも言われていますが、本当の所は謎……。
胃腸の弱い潰瘍性大腸炎患者としては不安ですねふらふら

とはいえ不安がっていても仕方がありません。
出来る対策をしておきましょう。

一般的な食中毒菌は熱に弱いと言われています。
という事は単純に言って“熱を加えればOK”という事。

・肉類はよく火を通す
・肉を切ったまな板と包丁は野菜用とは別にする
・使用後の包丁とまな板には熱湯をかけて消毒する
・温度の高い室内に食べ物を放置しない

という所でしょうか。
もっと本格的な対策もあるのでしょうが、長く続ける事が大事ですからね。

そう、そう。忘れてはならないのは

調理前(食事前)の手洗い

やはりこれは基本でしょう手(チョキ)



ランキングに参加しています。
↓よろしければポチッとクリック願います♪

人気blogランキング


posted by はしばみペンギン at 20:28 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
お久しぶりです。ステロイド投薬終了しました。あとは むくみ?をなおすだけ・・・。
それにしても 食中毒怖いです。焼肉まだお外では 食べる勇気がでません。ヨーロッパのは 原因が きゅうりとか もやしとか
はたまた テロとか 憶測が飛んでますが
早く原因が特定されるといいですね。
最近は 家庭菜園をして プチ自給自足をしています。ぺんさん お互い 大腸菌には注意しましょうね。
Posted by おたけさん at 2011年06月07日 17:13
お久しぶりですうれしい顔手(パー)
只今順調にステロイド減らしてますぴかぴか(新しい)
しかしながら最近胃のほうがヤバイ気がしますダッシュ(走り出すさま)
夜とか戻してしまうので食べられてないです涙
しかし、体重は減らないなんで。。。
なんか悔しいかんじですがく〜(落胆した顔)
これから夏に向けてどんA増えますよねあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
キャンプとかも注意せねばと思いましたがまん顔

やはり、この病気だと病気でわない人より気をつけなきゃいけないのでしょうかー(長音記号1)ー(長音記号1)
Posted by 椿 at 2011年06月10日 07:35
ペンさん、はじめまして。
ブログを最初から拝見させていただきました。
昨年7月にUCを発症し、現在再燃中です。初発時は3週間ほど(入院1週間)で寛解したので、正直「治った!」と思っていました。今回の再燃で、本当のUCの恐ろしさを実感しているところです。
ここ1,2ヶ月間、下痢や下血に波があり、治まったかと思うとぶり返すということを繰り返し、不安な思いでいっぱいです。
1人でネットと向き合っていると、恐ろしい内容の掲載も多々あり、一層悲観的になっていました。
そのような時、ペンさんのブログを読み、その前向きさとやさしさ、多の方のコメントの温かさに少し救われました。
4月末からペンタサを飲み始めましたが効かず、1週間ほど前からサラゾピリンとプレドニンを15mgに変えました。しかし相変わらず下痢・下血ありです。
そこで質問なのですが、プレドニンを飲んでも1週間くらいでは効果がでないのでしょうか。このまま寛解しないのでは、と悪いことばかり考えてしまいます。
それから、このような時もみなさんお仕事は続けられているのでしょうか。
私は4月から働き始めたばかりなので、なんとか続けたいと考えています。
長くなりましたが、どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by よよ at 2011年06月12日 08:32
>おたけさん

ステロイド離脱おめでとうございます(^_^)v
むくみは徐々になくなっていきますので大丈夫ですよ。
より早く解消&引き締めの為にはリンパマッサージが良いみたいです。
飽きっぽいペンは長続きしませんでしたが継続すれば効果アリとの事です。
ヨーロッパの食中毒原因は二転、三転してますね。
いったい何なのだか……。
とりあえず自衛手段として、まな板の煮沸消毒徹底をはじめました。
これは続けなくては^^;


>椿さん

ステロイド減量おめでとうございます(^_^)v
でも胃が荒れているのはマズイですね……。
副作用に「吐き気」というのは確かにありますが、どうなんでしょう。
せめて体重ぐらい減ってほしいものなんですが、それが減らないんですよねぇ。
やっと減ったと思ったら胸から減るし。太ももの脂肪から使ってくれないんモンでしょうか、腹でも可^^;
食中毒は胃腸の弱い方・抵抗力の弱い方は危険と言いますから気をつけるにこした事はないかと。椿さんも気をつけて下さいね。


>よよさん

はじめまして。
コメントをいただきありがとうございます。

落ち着いたと思ったらぶり返す。潰瘍性大腸炎の本当にイヤな所です。
ペンも今は落ち着いていますが、入院中は「ずっとこのままなんじゃないか」と不安になりました。交流会などでお会いした方の中には外科手術をした方もあり、怖い一面がある病気なのは確かです。
でも、大丈夫です。
医学は確実に進歩しています。医療関係者の努力と先輩たる患者の皆様の体験から新薬も開発されています。信じて下さい。必ず落ち着きます。

ご質問のプレドニンの効果ですが、ペンはすぐに効きました。が、徐々に効いてくる、ある日ぴたりと下血が止まる。など個人差もあるようです。
よよさんは現在は通院中でしょうか? 入院中でしょうか?
潰瘍性大腸炎は食事の影響も受けますので、トイレ日記をつけると自分の傾向がわかります。
下痢&下血の回数、血の量、痛みの程度。悪化した場合に共通点があればその食材や状況を避ける事で効果が期待出来る場合もありますし、担当医との相談の材料にもなりますのでおススメです。
(写真に撮れとか言う人もいますが……それはちょっと無理^^;)

また、仕事ですがペンは入院→自宅療養を経て復帰しました。
職種にもよりますが、普通に通学・通勤している患者さんもたくさんいらっしゃいますよ(^_^)v

今はとても不安な事と思います。
トイレで血を見たら凹むのは当然です。医師や周囲に話しても理解されない事もあります。
遠慮せずどんどん吐き出して下さい。
たいしたアドバイスも出来ませんが、ペンで良ければいつでも聞きます(^_^)v
Posted by はしばみペンギン at 2011年06月12日 22:43
ぺんさん、よよです。
ご丁寧なコメントをつけてくださり、本当にありがとうございます。
現在ですが、通院中です。ここ1週間は、朝方に下痢がはじまり、5〜7回くらいで治まります。その時に赤い粘液と、少しの鮮血があります。
日中から夜にかけては落ち着いているので、まだ助かっています。
食事も豆腐や大根ばかりの病人食にしています。
主治医は非常に理解のある先生なのですが、UCの専門ではないようです。
ここで、コメントを書かせていただいたことで、少し落ち着きました。ありがとうございます。あとは気の持ちようなのかもしれませんね。
体力のおとろえがキツイですが・・・。
また、寄らせてください。
Posted by よよ at 2011年06月13日 06:27
>よよさん

レスありがとうございました。
5〜7回は多いですね^^;
日中から夜に症状がないのは何よりです。
下血がある間は肉類は避けた方が無難ですので、どうしても体力が落ちます。
おかゆ、うどんなどの炭水化物でエネルギーを摂るようにした方が良いです。
お餅も意外と消化に良いそうです。
書き込む事で気分が落ち着くのであれば、どんどん書き込んで下さいね(^_^)v
Posted by はしばみペンギン at 2011年06月14日 21:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。