2010年11月16日

ストレスと上手につきあう方法

先日、天王寺で開催された講演会に行って来ましたひらめき
病気でストレスを抱え込みやすい患者や家族を対象にしたもので、ペンは初めての参加です。

というのも、「交流会」ではなく講師が説明してくれる「講演会」なので、基本的に座って聞いているだけ。
……眠っちゃうかもたらーっ(汗)という不安がありまして^^;

参加者は年配の方が多かったです。
講師は臨床心理士の先生で、まだ若そうな感じでした。

内容は大きく

・ストレスとは何か?
・ストレスとの付き合い方
・リラクセーション法を実践

という流れで1時間半程度。
わかりやすく説明してくださるのですが、やっぱり途中でちょっと寝てしまいました……^^;

理論はともかく、やはり聞きたいのは「具体的な対処法」という事で簡単に内容を抜粋します。

対処法は大きく二つ。

“積極的対処法”
・(ストレスの元に対して)解決法を考える
・さらに努力をする
・考え方を修正する
・問題を整理する
・他人の力を借りる(公的機関、第三者)

“消極的対処法”
・考えないようにする
・あきらめる
・他人のせいにする
・一人になる
・気晴らしをする(買い物、食事など)


ペンは主に「考えない」「あきらめる」の“消極的対処”ですね。
ここ数年で「あきらめる(相手に期待しない)」という能力はかなりついたかもあせあせ(飛び散る汗)
これはマズイんじゃないかと思っていたのですが、そーか、それもひとつの方法として正しかったのか手(チョキ) ちょっと安心しました^^;

本来は“積極的対処法”と“消極的対処法”をとりまぜてバランス良くするのが良いそうです。

最後に参加者全員で「リラクセーション法(呼吸法)」を実践。
いわゆる「複式呼吸」ですね。

目を閉じて、下腹を膨らませながら、ゆっくり息を吸う。
下腹をへこませながら、ゆっくり息を吐く。

の繰り返しです。
出来ない場合は深呼吸でも良いそうで、重要なのは「ゆっくり息を吐く」という事。
8秒くらいかけて、と言われましたが意外に長いんですよ。8秒。

先生が数をカウントしてくれるんですが、「まだ?まだ?」という感じ。
常日頃、浅い呼吸をしているんだなぁ実感しました。

「複式呼吸」を続けながら自分の落ち着く場所をイメージするとより効果的。
海や山など自然がおススメですが、自分が落ち着く場所なら別に街中でも良いそうです。

ペンは自分の部屋の中かなぁ…。インドア派なので(笑)
天気の良い日晴れに寝転がってボーっとベランダの隙間の空を見ている感じ。

うん。
今度、壁を殴りたくなったらやってみよう(爆)




ランキングに参加しています。
↓よろしければポチッとクリック願います♪

人気blogランキング



posted by はしばみペンギン at 22:30 | Comment(5) | TrackBack(0) | ストレス
この記事へのコメント
こんばんは。
ストレス時の解消法はいろいろあると思いますが、自分は(それがどうした。)(別に大した事じゃない。)と思う、居直り派です。
くよくよ考えていてもしかたないですしね。
まぁ、そこまで居直れるようになるまで格闘はありましたが。^^
Posted by ゲン at 2010年11月18日 00:23
お久しぶりですねぺんさん。リフォームもすんで 体調も良い感じでなによりです。
私は 風邪を引いてしまい 半月ほどグズグズしてました。薬も注腸液が増えました。
ストレスが無い顔と よく言われますが
顔の皮膚の厚さよりも 腸がお姫様なんですなぁ。風邪は万病のもと お互い気をつけましょうね。
ストレス解消に 今アロマにこってます。
いいにおいを かぐと気分もすっきりです。
Posted by おたけさん at 2010年11月24日 16:06
>ゲンさん

そーなんですよ。
開き直りに辿り着くまでが大変なんですよ^^;
ペンの最終形態は“100年も経ったら誰も生きてないし”です。
……後ろ向き過ぎかしら。

>おたけさん

おひさしぶりです。
大腸君は見えないので、その繊細さが理解してもらえないのがツライ所
です。(内臓関係は全てそうですが^^;)
アロマ、良いですねぇ。
ペンは「ティーツリー」が好きです。
周囲の反応は賛否両論、まっぷたつですけど。
Posted by はしばみペンギン at 2010年11月24日 21:02
ご無沙汰してます

ucが再発しましたがまん顔

薬で抑えていますが、来週から白血球除去療法をしますバッド(下向き矢印)

前回失敗しているので不安です。

Posted by さき at 2010年12月10日 16:14
>さきさん

お久しぶりです。
……再燃してしまいましたか(>_<)
白血球除去療法は副作用のない治療として日本にて開発された治療方法らしいです。(前回の講演会にて)
ペンも効果があったかなかったかよくわからないのですが、効果があったという人も多いようです。
今度は効くかもしれないですよ!
せっかく痛い思いをするのですから、効く!と念じてチャレンジです!

Posted by うすべにペンギン at 2010年12月13日 21:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。