2006年03月09日

入院生活で考えたこと:その2 休むという事

ペンは潰瘍性大腸炎になる(入院する)まで、自分は健康だと信じていました。

大病どころか、風邪だって滅多にひきませんでした。
学校も会社も「病欠」なんて年に一度もなかったです。

最初の内視鏡検査に行った時だって、
「一度診てもらっておけば良いや」という考えでした。

「ちょっと荒れてるから薬出しておくね」という程度で終わるものだと思っていたのです。

それが入院→絶食→食事療養→自宅待機で3ヶ月近く休みました。

夏休みよりも長いんですからビックリです。

まあ、半分は入院していたので実際には一ヶ月半くらいでしたが。

派遣社員にとって、休み=収入が途切れるということなので、
休みが多いといって単純に喜んではいられません。

幸い、自宅療養が終わったらまた来てくれと言われましたので、
クビにはならずに済みました。(3年頑張った甲斐がありましたるんるん

とりあえず「休む」ことに専念しようと思った自宅療養期間でしたが、
実際には

お掃除期間となりましたあせあせ(飛び散る汗)

入院すると、どーにも片付けたくなって仕方がない。

会社の荷物は次に出社するまで諦めるしかない。じゃあ家だ。

という事で。

退院するなり、部屋の掃除から、食器棚、押入れ、はては天袋まで
一日一箇所をめどに片付けまくりました。

母に「そこまでしなくても‥‥」

と呆れられましたが、当時はそれが楽しかったんですね。

自宅療養っていっても、食べて、薬を飲むだけですから。
(ステロイドを飲んでいたので通院以外の外出は禁止でした)

家の中がキレイになっていくのを実感するのは、なかなかストレス発散になりました黒ハート


身体を休めると同時に心も休めたのかな、とか思います。

今にして思えば、
「あれもやっておけば良かったなぁ」と、後悔しきりなんですがもうやだ〜(悲しい顔)



ランキングに参加しています。
↓よろしければポチッとクリック願います♪

人気blogランキング


posted by はしばみペンギン at 13:37 | Comment(4) | TrackBack(0) | 入院生活
この記事へのコメント
ペンさんのブログ、初めから拝見していました!
私も今回の入院時、あっちもこっちも片付けたい衝動がありましたが、
どうも片付けがうまくなく、入院が長かったこともあり体力が落ちていたので、
結局やりませんでした・・・。
アパートは、畳にカビ!?のような物が発生したので仕方なくやりましたが・・・。
Posted by ふぅぁ at 2007年10月11日 19:18
>ふぅぁさん

普段は掃除なんかしないのに、退院した時はやたらと元気で掃除しまくりました。

あれって、いったい何だったんでしょうか(^^;
カビはどこにでも生えますね……。
ビデオテープに白い斑点が出ていた時はさすがにびっくりしました。
Posted by はしばみペンギン at 2007年10月11日 20:31
退院して 冷蔵庫をあけて 小バエの死骸が大量にいて ビックリし 掃除大作戦をしました
Posted by ニト at 2010年07月31日 00:07
>ニトさん

冷蔵庫の掃除も大変なんですよね〜。
春先には毎日のようにゴキブリと遭遇して悲鳴を上げていました……。
暑くなると奴等もいなくなりましたが秋にはまた復活してくるのでしょう(>_<)
真面目に掃除するのが一番だとわかっているのですが、なかなか難しいですね^^;
Posted by はしばみペンギン at 2010年07月31日 17:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。