2010年03月17日

腕に謎の腫れ物(解決編)

本日、行って参りました。

向った先は淀川キリスト教病院病院
潰瘍性大腸炎でお世話になっている済世会中津病院病院には腫瘍の専門家がいないので、コチラが紹介されました。

初めての病院なので、余裕をもって30分前に到着。
紹介状とMRIのCD−ROMを提出し、3階の整形外科で受付終了。

ちょっと喉が乾いたので、売店(1階)に戻る為に席を外す旨を告げると、看護師さんが「この先生は早いから10時に戻って来て下さいね」との事。

10時に戻り、1時間待たされましたたらーっ(汗)

……病院時間では1時間は短いんだなもうやだ〜(悲しい顔)

呼ばれて部屋へ入ると、腫瘍の専門家というI医師、開口一番。

I医師:「小さくなったでしょ?」
 ペン:「はい。最初は5cmくらいあったんですけど」
I医師:「これは腫瘍ではなくて、炎症です。皮膚の下で炎症が起きているだけだからそのうち無くなります」
 ペン:「……はぁ」
I医師:「わざわざ来てもらわなくて良かったんですけどね」

そう言われましてもバッド(下向き矢印)

原因は不明ですが、皮膚病の一種でも同じような現象が起きる事があるそうです。来てもらわなくても、と言われても来てしまったからには訊いておかねばなりません。

 ペン:「また出来たらどうすれば良いですか?」
I医師:「1〜2ヵ月ほど様子見て、おかしかったらまた来て下さい」

1ヵ月も放置しておいたらダメだとY医師は言ったんですが。というか、MRI写真見てわかって下さい、Y医師パンチ

いや、やはり専門家は違うんです。そういう事にしておきます。そう思わないとやっていられません。

まぁ、摘出なんて事になったら大変だったので良かったです手(チョキ)

ちなみに、この腕の炎症と潰瘍性大腸炎の因果関係も尋ねましたが、「全く関係ないです」ときっぱり言い切られてしまいました。

ただ同じような症状でも、腫瘍の場合もあるので一概に放置して大丈夫というワケではないそうです。病気ってややこしいなぁ……。

とりあえず問題はありませんでした。
ご心配いただいた皆さま、ありがとうございました黒ハート



ランキングに参加しています。
↓よろしければポチッとクリック願います♪

人気blogランキング

posted by はしばみペンギン at 20:23 | Comment(13) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ぺんさん、とりあえず一安心ですね。
だけど病院や医師の対応には腹立つ事が多々ありますね。初めての病気や症状は患者本人には凄く深刻な問題なのに・・・。
だけどまた少しでも気になるような事があれば、これに懲りずに早めに病院に行ってくださいね。
Posted by konsan at 2010年03月17日 22:25
ペンさん、病院お疲れ様でした。
とりあえずは一安心ですね。
だけど、病院や医師の応対にはほんと腹立つ事が多々ありますね。
初めての病気や症状は本人にとっては不安で仕方がないと言うのに・・・。
また何か気になる事があればこれに懲りず、早めに病院に行ってくださいね。
Posted by konsan at 2010年03月17日 22:34
ぺんさん 本当に腫瘍じゃなくてよかったですね。でも 炎症って・・・。
・・・それにしても 本当に医者の言葉使いとか 対応とか まぁ 呆れる事が多いですよね。
今回のドクターは 若い方です。
とりあえず こちらの話は聞いてくれてます。一日も早く ステロイドはやめたくて・・・寝られないのが つらいです。また 来週再診。こんなに病院に通うのは 初めてです。
Posted by おたけさん at 2010年03月18日 09:26
>konsan

はい。ありがとうございます。
自分的にも「たいした事はないだろう」と思っていたので「やっぱりな」という感じでした。
怒る<恥ずかしかった<痛い出費、という感じですが安心料だと思っておきます^^;
やはり早期発見が第一ですからね。


>おたけさん

炎症にどこまでも縁のあるペンです。大腸くんだけにしてくれ^^;
原因は不明です。ペットからうつる場合もあるらしいですが、ペンの家にペットはいません…。
ナンだったんだ?
長期療養は医師との相性が大事ですよね。でも、患者からは選べないというのがツラいところ。
I医師は阪神タイガースの矢野さん風のイケメンだったので許します(笑)
おたけさんの新しい担当医は若い方ですか。
こまめに状況を確認しておきたいのかもしれないですね。
でも、通院もけっこう体力を使うので一ヶ月に一度くらいのペースが良いですよね^^;
早く安定しますように。
Posted by はしばみペンギン at 2010年03月18日 11:04
腫れ物の正体が解かって良かったですね。
メデタシ★メデタシ
今日は安心して大腸くんもリラックス〜♪♪♪という感じですか?
九助の方は、アサコールのおかげで大分腹の虫?が落ちついたので事務のバイトに行って来ました。
恐るべしアサコール・・・やる気まで起こさせるとは・・・ё_ё)ノ”
Posted by 九助 at 2010年03月18日 18:20
>九助さん

小心者のペンは緊張していたらしく、昨日は病院で何回トイレに行ったやら^^;
無事、帰って来てからもグーグー寝てしまいました……。
春だというのにゴロゴロしてばかりでダメダメです。大腸くんは機嫌良く過ごしているのですが。
アサコール飲んだらペンもやる気スイッチが見つかるでしょうか^^;
Posted by はしばみペンギン at 2010年03月18日 19:43
大丈夫ですよ〜っと。
長〜くて暗〜いトンネルの先に一筋の光が見えてますから。

2010年問題を尻目に生まれてきたアサコールが元気モードに切り替えてくれるはず・・・
スイッチ押しちゃって下さい。
(^0^)/~~
Posted by 九助 at 2010年03月19日 09:01
初めまして
あきと言います
記事初めから読ませていただきました
弟がこの間潰瘍性大腸炎と
診断されました
まだ18歳で4月から大学生です
教師になって野球を教えるのが
夢で学部も体育系です
でももうその夢って
叶いませんか?
潰瘍性大腸炎になったら
運動ってできなくなるんですか?
今まで聞いたこともない病気で
弟がどうなってしまうのか
想像つきません
色々調べたんですが
ペンさんのblogを見て
りあるに書かれていたので
色々お聞きしたいと思って
コメントさせていただきました
お返事待ってます
Posted by あき at 2010年03月24日 18:34
>九助さん

ご無沙汰致しております^^;
「そーだよなぁ、頑張ろうか」と思った矢先に仕事で忙殺されました。
……こんなモンだよ。
腫れ物はすっかり無くなってしまい、今やどこにあるのやらという感じです。
1ヵ月待てば良かったなぁ。
大阪も桜の開花宣言が出まして、もう春の雰囲気です♪
桜スイーツ片手にお花見にでも行きたいですね。

>あきさん

はじめまして。
無駄に長いこのブログを最初から読んでいただきまして、ありがとうございますm(__)m

弟さんの症状がどれ位のものなのかはわかりませんが、
結論から言って、大丈夫です。
潰瘍性大腸炎患者でも運動は出来ます。
プロのゴルファーの方もいらっしゃいます。
潰瘍性大腸炎患者の高校球児が甲子園に出場していました。
大腸を切り取る手術を受けたという80代の男性は、健康のためにマラソンを続けているとおっしゃっていました。
だから、弟さんもきっと良くなります。ペンはそう思います。

ただ、病状によっては長い治療が必要になるかもしれません。
この病気は良くなったり悪くなったりを繰り返すので、不安になる事も多いと思います。
だけど、病気をよく理解しうまく付き合っていけば日常生活に問題はありません。

良ければ弟さんの詳しい症状をお知らせ下さい。たいしたアドバイスは出来ないかもしれませんが、焦らず、諦めず、無理なく、一緒に頑張っていきましょう(^_^)v
Posted by はしばみペンギン at 2010年03月24日 21:12
お返事ありがとうございます
ペンさんの言葉に
すごく救われました
難病指定と聞き
かなりの絶望感に陥ってました
あと掲示板などで見たんですが
この病気は自分で排便が
出来なくなり
おむつをつけないといけない状態になるって
本当の話ですか?
弟の状態はまだよくわかりません↓
今のところ薬を飲んでるみたいです
これからも近状を報告しに来たり
アドバイスをもらいにきます
長い付き合いになると思いますが
よろしくお願いします(>_<)
Posted by あき at 2010年03月25日 02:09
>あきさん

「難病指定」と言われるとびっくりしますよね^^;
掲示板に書かれていたという話ですが、
高齢の方だと自力で排便出来なくなるという事はあるみたいです。
弟さんはまだお若いですし、体も鍛えていらっしゃるようなので、いきなりそこまで悪化する事はない……と思います^^;
一般的に、治療は悪化するにつれて、内服薬→白血球除去治療→外科手術となります。
潰瘍性大腸炎の治療は日々、進んでいます。
しばらくは不安定な状態が続くかもしれませんが、きっと良くなりますよ。
皆さんのコメントでは、新薬アサコールはかなりの効果が期待出来そうですし。

今後の治療方法は担当医と弟さんの納得出来る形で進めていただくとして、あきさんの弟さんへの対応ですが、これは弟さんの性格によるかと…。
真面目に考え込んでしまう性格であれば「けっこう気楽にやっている人もいるよ」という感じで、
あまり病気を気にしない性格であれば「こういう事に気をつけた方が良いみたい」という感じで、
受け止めてあげるのが良いかと思います。

どんな病気でもストレスは万病の元。
どうしても長い付き合いになる病気ですから
「なんとかなるさ」と自然体でいきましょう(^_^)v
Posted by はしばみペンギン at 2010年03月26日 12:52
通りすがりですが、腕なんともなくて良かったですね!潰瘍性大腸炎とも関係ないみたいで。応援にランキングポチしときました
Posted by じゅんた at 2010年03月27日 11:07
>じゅんたさん

ありがとうございます(^_^)v
励みになります。
Posted by はしばみペンギン at 2010年03月27日 19:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143920152

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。