2006年02月25日

潰瘍性大腸炎が治る本―薬をやめ免疫を高めて難病を治した医師の体験メソッド

潰瘍性大腸炎が治る本

潰瘍性大腸炎が治る本

著者:西本真司
出版社:マキノ出版
サイズ:全集・双書/174p
発行年月:2004年06月


本 自らも潰瘍性大腸炎患者である西本医師の闘病記。
やはり自身の体験談なので、文章には説得力があります。
具体例が豊富で、克服の過程が細かく書かれています。
ペンは入院中に差し入れてもらって読んでいました。
難病と告げられ、不安がちな入院生活にも希望がもてましたるんるん




ランキングに参加しています。
↓よろしければポチッとクリック願います♪

人気blogランキング
posted by はしばみペンギン at 11:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | 潰瘍性大腸炎の本&参考図書
この記事へのコメント
読みました。あれほど薬を断って、いいものだろうか?薬を飲んでいても治る時は治るのではないかな?
Posted by まる at 2009年01月03日 09:36
>まるさん

医師だからチャレンジ出来るような治療方法ですよね(^^;
改めて読むと何度も再燃している事が怖いですね…。
Posted by はしばみペンギン at 2009年01月03日 19:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。