2006年02月20日

にきび

ムーンフェイス同様、にきびもよくみられる副作用です。

出来るところは色々のようですが、ペンは顎のラインに出ました。
やはりステロイドを使用して、1年半後位からです。

モノは、にきびなのですから、市販薬を塗ったのですが、
これがまずかったのか、ひどく炎症しましたたらーっ(汗)

ガーゼを貼って寝たのですが、
夜中に掻き毟ってしまうのか、朝には腫れ上がりました。

いや、もう人相が変わりました。
四角になっているんですよ、顔が。

定期健診の2日前だったので、とりあえずそのまま待って、
病院に行きました。

部屋に入るなり、

F医師:「どーしたんだ、それは!」
 ペン:「にきびが出来たんですが、掻き毟ってしまったらしく‥‥」
F医師:「すぐ、皮膚科に行って下さいよ。帰っちゃ駄目だからね」

‥‥総合病院って便利です。

皮膚科の先生(女医さんでした)に薬を出していただきました。
ステロイド系の薬だったので、正直、

(またステロイドの量が増えるのか。嫌だなぁ‥‥)

と思ったのですが、このままでは外も歩けない。(←出社したけど)
背に腹は変えられないということで、すぐに薬を塗りました。

すると‥‥。

当日中に腫れがひき、
翌日にはただれが治りました。


おそるべし、ステロイド!

これと同じ現象が大腸のなかでも起こっているのですね。

あれほど効く薬なのにまだ下血が止まらないとは‥‥
どれほど炎症が深いんだ、自分。

やはり長く放っておいた報いなのでしょうもうやだ〜(悲しい顔)

にきびはその後、副作用のない薬に変えて、治療しています。
だいぶキレイになりましたが、まだ少し赤にきびが残っている状態です。

針で膿を出してもらうと早く治るんですが、
痛いんですよ、これがあせあせ(飛び散る汗)



ランキングに参加しています。
↓よろしければポチッとクリック願います♪

人気blogランキング

posted by はしばみペンギン at 12:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | 潰瘍性大腸炎の薬の副作用
この記事へのコメント
初めましてm(__)m
「潰瘍性大腸炎」で検索していましたら、あなたのプログを見つけました。
実は、私の息子(中学三年生)も難病と言われている、UCを発症しましてもう直ぐ2年となるところですが、ステロイドからの離脱もできてて 食事制限も殆んどなしで、現在は元気に過しています。

宜しかったら、わたしのところにもいらしてね。ブックマークをご覧になってください。病歴を大まかに書いてます。
Posted by のんたん at 2006年02月20日 17:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。