2006年02月15日

下痢

潰瘍性大腸炎のみならず、炎症性腸疾患ならば、つきものの症状。

下痢です。

なにせトイレの話なので、大々的に語るのは、はばかられるのですが、
重要な症状ですからね。

ペンの体験を踏まえて書きたいと思います。

まず、下痢って何かということなのですが。

簡単にまとめますと↓な感じです。

@下痢とは便の、腸の水分吸収が悪くなったり、腸液の分泌が増えることによって、水分が増加し、柔らかい便をすることで、アルコールの飲みすぎや、冷たいもののとりすぎ・脂っこい食事・寝冷えなどよって引き起こされます。

A形は水みたいな便から泥のようなものまで様々で、通常は長くとも10日ほどで治ります。(食中毒・風邪のウイルスの場合を除く)

B2週間以上、続く場合は炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎やクローン病)の疑いがありますので、検査を受けましょう。


‥‥通常は10日で治るものなんですね。

ペンは一度、悪くなると1ヶ月は下痢状態でした。というか、下痢でなかった時がない。
形がないのは当然のこと、回数も最低で5回〜6回。

朝に起きてすぐ、会社に着いてすぐ。昼までに一度、昼食後、帰る前‥‥とにかく、トイレに行ったら必ずありました。

それが当たり前だと思っていたので、入院して、一日2回になった時はビックリしました。

2週間以上で病院へ行くなんて知らなかったですもうやだ〜(悲しい顔)

健康番組などでも、便秘は良く取り上げられますが、下痢はないですからねぇ。
出てる分には良いだろうとか思ってしまうんですよね。それが落とし穴なのかも。

思い当たるフシ(暴飲暴食など)がないのに下痢が続く時は、注意した方が良いかもしれません。


ちなみに、下痢になったら脱水症状の危険があります。

のどが渇く、尿の量が減る、目が落ちくぼむなどの軽症から、
皮膚が乾燥する、体温が上がる、吐き気、めまいを感じるという重症までありますが、

解決策は、ずばり「水分を摂ること」市販のスポーツドリンクなどがベストです。

水を飲んでも吐き気がおさまらない時は危険信号!すぐ病院へ行きましょう。

(と、F医者が言っておりました)


ランキングに参加しています。
↓よろしければポチッとクリック願います♪

人気blogランキング

posted by はしばみペンギン at 15:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潰瘍性大腸炎の症状
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。