2009年06月03日

大腸内視鏡検査にて……

久々の更新です。
バタバタしている間に6月になってしまいました……。

5月中頃、大腸内視鏡検査に行ってきましたひらめき
今回は2リットルの下剤(ムーベン)を飲んで大腸を空っぽにするフルバージョン。

前回は、浣腸で済ませた簡易バージョンでしたからちょっと辛いかなぁ。
でもまぁ5回目だから大丈夫だろう。

という気分で挑みました。

前日はいつものよーに、うどん&お粥三昧。
21時以降に一度目の下剤を飲み、夜中にトイレに駆け込むこと4回で当日の朝を迎えました。どうもペンはこの前日の下剤が一番効くような気がしますたらーっ(汗)

問題は朝、起きた時。
「ちょっと、熱っぽいなぁ……」とは思ったのですが、仕事も休んでいるし予約も取っているし、なんとか今日検査してもらわないと困る。という事でいざ2リットルの下剤を作り、チャレンジです。

1杯飲み、2杯飲み、3杯飲み、そろそろかなぁ…と思ったいたら

突然の吐き気がexclamation

トイレに駆け込んで全部、吐き戻してしまいました……。
いや、あれは辛かった。何せ絶食しているので胃の中は空っぽ。胃液を吐くしかありません。
減量中のボクサーの気分ってあんな感じかももうやだ〜(悲しい顔)(←知らないけど)

説明書に「吐き気のある方は飲むのを中断して病院へ連絡を」と書いてあったので電話したら「残りを持って病院へ来てくれ」と言われ、予定より二時間も早く病院へ病院

受付で事情を説明すると、看護師さんが「先生に相談します」とのこと。
浣腸にしてくれるのかなぁと思ったらなんとそこから

三時間放置

……いや、それまでに何も聞かないペンも悪いんですがあせあせ(飛び散る汗)
(眠かったから寝てしまったのですよ眠い(睡眠)

同じ看護師さんが三時間後にふらりとやってきて「やっぱり飲めませんか?」と言われてもふらふら

飲む以外に方法がないのなら、

吐いてでも飲め、

飲まないなら検査しませんexclamation×2


と最初に言ってくれ(^^;
それなら家で飲んで来たんだよ。TV見ながらの方が少しは気が紛れるし

なんとか検査してもらいましたが、検査自体は相変わらず薬がよく効いて寝てしまったので覚えていません。

ただ、今回は何故か終わった後、胃が痛かったです……。
食欲もなく、まともに食事をしたのは検査の翌々日でしたふらふら

どうも風邪を引いていたと思われます。
おりしも世間は新型インフルエンザで大騒ぎの最中。
熱があったらヤバい所でしたパンチ

でも、椅子で横になって寝ていても誰にも声をかけられなかった……。つくづく病院って本当に具合の悪い時には行ってはいけない場所だよなぁ。

検査の結果は来週には出る予定です。
自覚症状はないので大丈夫……だと思うのですが。どうだろう。




ランキングに参加しています。
↓よろしければポチッとクリック願います♪

人気blogランキング

posted by はしばみペンギン at 16:45 | Comment(18) | TrackBack(1) | 潰瘍性大腸炎の検査
この記事へのコメント
こんばんは。
辛かったですね。その後大丈夫ですか?
 でも3時間放置って考えられませんね。
言うなればお得意さん(意味違うか^^;)を、
そんな状態で置いておくなんて。。
ちょっとビックリしました。
 私もここ2ヶ月、ちょいと下し気味。
自重して食事しています。
 季節の変り目、ペンさんも他の皆様も
御大事にされてください。
Posted by ゲン at 2009年06月04日 19:49
ぺんさん、大変な1日でしたね。
3時間放置・・。
ちょっとーって感じですよね。
でもやっぱり調子が悪い時の検査は負担が大きいんですね。でもどうせなら今日やってしまいたいと思ったペンさんの気持ち分かりますよ〜。
とにかくお疲れ様でした!!
私も昔、1回は吐いてしまったときはつらかったなー。どうにか検査出来たけど。
私が通っている病院、今は、基本的に病院であの2リットルの下剤を飲まないといけないみたいなんです。以前の病院は家で飲んできてよかったのに、去年無理やり家にしてもらったら、次はここで飲んでくださいみたいなこと言われた〜・・あ〜あ検査受ける皆さんで飲むの苦痛だなー。私はたぶん来月検査です。
ぺんさんおつかれさまでした。私もがんばらなくては。
Posted by まる at 2009年06月04日 23:21
>ゲンさん

こんにちは。お気遣いありがとうございます。
2日後からは元気でした(^_^)v
本当ですよね。毎月かかさず5年通院したお得意さんを(笑)
廊下で倒れたら気付いてくれたかもしれませんが、検査が延期になるのもイヤだったので我慢しておりました。
梅雨に入れば新型インフルエンザは落ち着きそうですが、今度は寒暖の差で風邪をひくんだよな……。

ゲンさんも気をつけて下さいね。
下し気味の時は意識して水分を摂る方が良いらしいです。トイレが気になるのでつい控えてしまいがちなんですが。


>まるさん

ありがとうございます。
ペンは過去3回、全て飲めていたし異常もなかったので大丈夫だろうと甘くみていたバチが当たったのかもしれません(^^;
病院で飲むのは苦痛ですねぇ……最初はペンも病院で飲みましたが看護師さんが「常温の水」で作ってくれるので余計にマズイったら……。いま病院で飲めと言われたら「冷水」で作って下さい。それがダメならクーラーボックスに氷持参で行きます!って感じです(^^;

まるさんは来月ですか……体調にはくれぐれも気をつけて下さい。
どうしても病院で飲めと言われたら、せめてマイカップ持参の方が良いですよ。紙コップ(透明含む)だとマズさ倍層のような気がします(^^;
Posted by はしばみペンギン at 2009年06月05日 11:00
検査大変でしたね。
私はニフレックでしたが途中で吐き気があり気持ち悪く飲めなかったです。私は飲むと下痢が続くので残しても検査には問題なかったですが飲めるだけ飲んでと言われ飲んだのが辛かったです。

声掛けられなかったのは気付いてもらえなかったのだと思います。
私のところはぐったりしていると声をかけてくれるので。
Posted by アイス at 2009年06月05日 21:53
ぺんさん、マイカップ持参、覚えておきます。ありがとうございます!!
Posted by まる at 2009年06月07日 00:20
こんにちわ。
いきなりすみません汗
私は16歳の潰瘍性大腸炎患者です。とっても辛いですよね(泣)2g下剤とか飲みきったことないです(笑)
幸い私は辛いもの、炭酸などの刺激物があまり好きではないので苦労はしてませんが、腹痛と貧血は辛すぎます。これからもちらっと見せてもらいますm(_ _)m
長々とすみませんでした

Posted by ひろ at 2009年06月07日 10:00
はじめまして!この病気発症してから12年の娘がいる母親です。最近ネット引いて、こちらのサイトを拝見しました。
娘も当初はひろさんと同じ位の年齢で、高校生活を辛い思いで過ごしましたが、色々の事がありながらも現在は元気で仕事をしています。
娘も最初の頃は、医師の言われるままに治療受けてたのですが、ぺんさんが仰るように
>病院って具合が悪い時には行ってはいけない場所・・
と思えるような事が多く、行かなくなりました。ただでさえ胃腸が弱いので、2gの検査液(吐き気もする^^:)を飲まなくてはいけない検査は、ここ7,8年逃げて受けてません。薬も適当に最小限飲んでました。治まっている時でも、飲み続けるように言われて飲んでましたが、胃に悪いのか食欲も出ないし、いまいちの体調でした。担当医とも色々ありましたが、今の先生がおおらかと言おうか適当なのか、こちらに合わせて下さって良かったみたいです。こんな風にのらりくらりとやり過ごして来て慣れてきたのでしょうね(^^:)恐怖や不安な気持ちが、この病気には特にいけないみたいです。私も心配性で娘に良かれと思って干渉し過ぎてたのが良くありませんでした。
今年に入って、偶然に書店で安保徹先生の「病気は自分で治す」という本に出会えたのですが、この病気についても述べてあり、私達の考え方でよかったんだと納得できました。それで治まってはいたのですが、毎日1錠飲んでたサラぞピリンを止めました。すると食欲も出て、快便快食の状態が続いてます。個人差があるとは思いますが、一度安保先生の本読んでもらったらいいのですが・・
とても長くなって申し訳ないです。
(本来なら娘本人が投稿するべきですが、目下休みが取れないほど忙しく、また作文苦手でブログは遠慮すると言っております(^^:)
Posted by ベース at 2009年06月07日 18:44

>アイスさん

ペンはニフレックは飲んだ事がないです。ムーベンとどっちが飲みやすいんでしょうかね。好みだとは思いますが……。
2リットルの下剤を飲んだら、次はそれを追い出す為に水を飲まないとダメらしいです。「そんなに水ばっかり飲まれへんで」と言っているおじいさんがいましたが、激しく同意でした(^^;

受付の横の椅子で寝てたのですが、死角になったのかもしれないですね。もしくはあまりにも良く寝ていたのでそっとしておいてくれたのかも(笑)

>まるさん

器が違えば気分なりとマシかと……。少なくとも紙コップよりは良いと思います。けっきょく中身は同じなんですが(^^;

>ひろさん

はじめまして(^_^)v
潰瘍性大腸炎は若い方に多い病気ですが、16歳は辛いですね。いや、何歳でも具合が悪いときは辛いんですが(^^;ちょっと友達と食事に……という時もメニューを選ばないといけないし、トイレは気になるし。貧血は辛いですね。
ペンも下血があった時は駅の階段が上がりきれませんでした。通常の半分位しかなかったらしいのですが、徐々に減ってくるので自覚症状がないのが貧血の怖いところだと最初に診てくれた医師も言っていました。

ぼちぼちと更新していますので、いつでもお越し下さいませ。よろしくです。

>ベースさん

はじめまして。コメントありがとうございます(^_^)v

「病は気から」とはよく言ったもので、悪い事ばかり考えていると身体も悪くなってしまう気がします。かといって無理に「ポジティブでいよう!」と頑張り過ぎるのも結局はプレッシャーになってしまうので、あまり深刻に考えずに過ごすのが良いのかなぁと思っています。ペンは楽天的(いいかげん)な典型的O型なので、余計かもしれません。

治療方法は本当に色々で、自分にあった治療方法に出会うまでの期間が一番大変かもしれないです。娘さんの病状は今は安定していらっしゃるようで良かったです(^_^)v 
お仕事がお忙しいようですが、短時間でも気分転換してリフレッシュされて下さい……とお伝え下さい(笑)

Posted by はしばみペンギン at 2009年06月08日 15:48
ニフレックは(水で追い出す必要は無く)飲んで出すだけだから楽っちゃ楽ですよ。

しかしまぁ前記事の薬の件(お気楽な医師含む)と云い今回と云い…中々のトンデモ病院ですな、読んでるだけで腹立つわ。心中お察し致す。
(ノд`) カワイソウ・・・
Posted by 劇画オバQ at 2009年06月09日 05:14
おはようございます。
大変でしたね〜
吐くとしんどくなりますしね。
ぼくもちかくカメラの予定ですが、
気が重いです・・・
最近はほんとに真面目に薬を飲んで、
ほぼ毎日ペンタサ注腸してます。
毎日注腸してもええんかなぁ・・・と思いながら、出血もなくなって来ましたので、よしとしてます。
しかしながら、接待などでの飲みの席が多いので、治るもんも治らないですよね。
今月は、旅行があります。
トイレ無しバスに乗ります。
怖いっしょ・・・
Posted by だち at 2009年06月09日 09:17
こんばんは。私も潰瘍性大腸炎になって今年で六年になります。看護師として働いて二年目に発症してその二年後に重症化して手術する寸前でGCAPという顆粒球除去療法をし、仕事復帰もしてバリバリ働いてます。治りかけたり悪化したりを繰り返してプレドニンを飲み、ステロネマ注腸したりで今年に入り、めでたくステロイド卒業しました!私は特に食べ物の制限は全くしてません(^^ゞ唐揚げやラーメン、お酒も結構飲みます(/_;)やっぱり食べ物というよりは疲れやストレスなのかなぁと思う時があります。でも今月から私の通う病院の消化器が医者がいなくなるためなくなってしまうんです(T_T)この先どうしたらいいのやら。いい先生のいる病院探しをしなければ☆
Posted by ましろ at 2009年06月09日 23:15
ぺんさんまたコメントさせてもらいたいんですが、不都合の場合は削除してください。
だちさん>
怖いと感じる状態が長ければ長いほど、胃腸に良くないので、仮病使って旅行休めませんか?娘はこの病気になったら、自分中心でいかんならと言って、適当にできるものは適当にして逃げて楽してます。会社の評価は悪くなるでしょうが、健康あっての仕事です、生活です、人生です。その日は家でゆっくり休みましょう!
Posted by ベース at 2009年06月10日 03:06
>劇画オバQさん

コメントありがとうございます。
ニフレックは飲むだけなんですか。ということは2リットルだけで良いという事で……うむ、それは楽かも。

そうでうね。トンデモ病院かも(^^;
薬の件はビックリでした。頼むよ、先生。
おかげで何でもチェックするクセがつきました(笑)


>だちさん

こんにちは。
ペンタサではないですが、ペンも毎日注腸してました。
入れてからゴロゴロ転がるのがうまく出来なくて大変だった記憶が。
出血がなくなって来たのは良い傾向ですね(^_^)v
この調子で……と言いたい所なのに接待ですか。このご時勢、なかなか断る事も出来ませんよね……。病気で飲めないんだ、と言っても理解してもらえないですし(^^;
ベースさんも書かれていますように、逃げれる事があれば逃げて下さい。
「そういうワケにはいかんのよ」という部分も多いかと思いますが、くれぐれも無理はしないで下さい。どんな些細な事でも重なれば負担になります。接待や旅行を断れない状況であれば、せめて酒量を減らしてみる、とか。
……なんだかうまく書けなくて申し訳ないです。
書く事で少しでも楽になるようでしたらどんどん書いて下さい。ペンで良かったらいつでも聞きますので。

>ましろさん

確かにストレスの影響はかなり大きい気がしますね。
食べ物は人によるのでしょうか。ペンはクリーム系のモノ(ケーキ、クリームパンなど)を食べると覿面に悪化します。お酒は以前から飲めないのでよくわかりません(^^;
担当医がいなくなってしまうのは辛いですね……。
良い先生に出会えると良いですね。

>ベースさん

いえ、いえ。何度でもコメントしていただいてOKです。
ありがとうございます(^_^)v
Posted by はしばみペンギン at 2009年06月13日 11:36
ぺんさん、ベースさん有難うございます。
断れれば一番ですよね〜
しかしながら、僕は会社も仕事も大好きなんです。
だから、本来旅行も行きたいんですよ〜
この病気になったのは、確かに仕事が原因かもしれません。
業務はやはりハードです。
でも、皆さんハードな業務をこなされてると思うんです。
ただ、自分のキャパが小さすぎたんだろうなぁ・・・と思ってます。
それと、幸せなことに会社の方々が、すごく理解があってうまくやらせてもらってますので、あまり無理もしていないんですよ〜
そんな会社にいながらにして、ストレスを感じている僕は、相当キャパの小さい人間なんでしょうか?(笑)
ぺんさん、ベースさん、本当にヤバい時は
逃げちゃいますんで!!
ご心配有難うございました。

Posted by だち at 2009年06月13日 12:49
ぺんさん、コメント許して頂いて有難うございました。(ぺこり)
だちさんのコメント拝見して安心しました。そのように思われておられるようなら、きっともう直症状も治まれますよ!娘もやり過ごし方の要領つかんでからどんどん治まってきました。
キャパと言う言葉の意味が分からないのですが(^^:)小さい人間と書いてあるので、あまりいい意味ではないのでしたら、そんなことではないと思います。この病気を発病している方がたはとても心が優しくて、心が広くて色々なことを受け入れ過ぎてるくらいです。あつかましい人や悪人はなれないでしょう(^^:)では、楽しんで来てくださいね!(^^)
Posted by ベース at 2009年06月14日 02:36
>だちさん

それなら良かったです。
会社も仕事も大好き…うん、良い事ですね(^_^)v

どんなに大変な事でも、好きな事は苦ではないのが人間の不思議な所です。
ペンも若い頃は趣味の為に徹夜をしましたが(マージャンではないですぞ)楽しかったもんなぁ…。
でも、どんなに楽しい事でも身体には負担になるそうです。この辺り、頭と身体は別物なのでしょうね。

良い旅になりますように(^_^)v


>ベースさん

ご心配いただきありがとうございます(←ペンが言う事じゃない?)

潰瘍性大腸炎患者に悪人がいないかどうかはともかく、真面目な人が多いのは確かなようです。
そして治療のためにどんどん不真面目になっていく……いや、違うか。バランスを取る事を覚えていくのかもしれません。
何事もバランスが大事だなぁと痛感する今日この頃です(^^;

Posted by はしばみペンギン at 2009年06月18日 15:54
はじめまして。皆さんいろいろつらい思いされてますね。私は、診断されてから、約1年半たちます。振り返ってみると、この病気は2−3年でなったとは考えられず、ながーい年月の食生活その他の結果として出てくるのではと思います。ですから、治すにもすごく時間がかかるものだと思います。
私はペンタサがあっているのか・・副作用も今のところないのでマックスで使ってます。ひどいときは座薬を大目に使うと効果あります。人にはわかってもらえない病気で、そこがまたつらいですよね。でもがんばりましょう。通っている病院は国立の大学病院ですが、あまり困ることもなく・・という感じですよ。
Posted by PICHON at 2009年06月19日 11:18
>PICHONさん

はじめまして(^_^)v
そうですね……急に発病する事は少なそうです。
ペンも思い返せば20年前頃から怪しかったです。あの頃に大腸内視鏡検査を受けていたら多分、潰瘍性大腸炎だと診断されていたと思います。
傍目にはわかりにくい病気ですよね。世間では便秘の方が一般的ですし(^^;
Posted by はしばみペンギン at 2009年06月21日 18:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120759110

この記事へのトラックバック

プレドニン 一日の最大量は?
Excerpt: 第3回目のアンケートです。潰瘍性大腸炎の多くの方はプレドニンを飲んでいると思います。プレドニンを1日最大何ミリ飲んでいましたか?私は1日40ミリです。朝20ミリ 昼15ミリ 夕5ミリこの量は2週間くら..
Weblog: 潰瘍性大腸炎生活
Tracked: 2009-06-07 18:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。