2006年01月13日

潰瘍性大腸炎とは?

大腸や小腸などの粘膜に慢性のびらん(ただれ)または潰瘍をひきおこす「炎症性腸疾患」のひとつで、大腸のみに炎症が起きる病気です。

どうして潰瘍性大腸炎になるのかというメカニズムは不明です。

・細菌やウイルスなどの感染説
・食物によるアレルギー説
・ストレス説
・遺伝説
・免疫不全説

など潰瘍性大腸炎関係の本などを読むと、諸説入り乱れているようですが、
未だ、はっきりした原因はわからず……
その為に、完全に治療する方法はないというのが現状です。

入院後の説明では、

K医師:「免疫不全の一種だね。白血球が間違って自分の身体(大腸)を攻撃してるの」
 ペン:「……何でそうなるんですか?」
K医師:「それがわかればねぇ」
 ペン:「わからないですか」
K医師:「ストレスが原因って言われているけどね」
 ペン:「はあ………」
K医師:「まあ、何でもストレスって言っておけば間違いないから」

……それで良いのか?


まあ、まだ歴史の浅い病気ですから、
今後の研究に期待するしかないでしょうね。

主に20代から30代の若い世代に多く発生しているそうで、
ペンも見事この中に入りますふらふら


ランキングに参加しています。
↓よろしければポチッとクリック願います♪

人気blogランキング


posted by はしばみペンギン at 23:13 | Comment(4) | TrackBack(0) | 潰瘍性大腸炎の症状
この記事へのコメント
ちょっと無責任な言い方な気がします。もうちょっと言い方考えてほしい。
今は何でもストレスって言われますよね。医者は今まで心と体を切り離して考えてきたから。いわゆる西洋医学の限界なんでしょうね。
医者は、“なるべくストレスかけない生活してください”って言うみたいですが・・。それは無理だから、いかに日頃から発散させるかですよね。
Posted by 心の湯浴み at 2006年01月14日 10:21
本当にストレス社会とはよく言ったものですよね。
かといって、ストレスのかからない生活はないわけで。いかに正しく発散させるかがポイントですね。
おススメ温泉書き込み&「温泉の飲み方」記事UPありがとうございました♪
トラックバック貼らせていただきました。

Posted by はしばみペンギン at 2006年01月14日 14:41
初めまして。私も潰瘍性大腸炎についてブログやってます。といっても、関係ない話ばっかりですが。また、遊びにきます
Posted by 実果 at 2006年01月15日 18:59
はじめまして、実果さん。コメントありがとうございました。いつでも遊びに来て下さいね♪ 実果さんのブログを見に行こうと思ったら……何故か見れませんでした。何故?
Posted by はしばみペンギン at 2006年01月15日 20:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。