2006年01月08日

入院生活で役に立ったもの:その5

二週間ほど経って食事の許可が出ました。

重湯→三分炊き→五分炊き→七分炊き→お粥→白米
と思っていたのですが、
いきなり五分炊きでした。

しかもおかず付き。
ブロッコリーとカリフラワーの煮物でした。

期待していなかったので驚きでしたね。

味付けは多分、なかったと思うのですが、
美味しかったです

なにせ、約一ヶ月半振りの固形物ですから。

味覚は完全にリセット状態。
噛むという行為が新鮮で仕方が無い。


もちろん全て完食しました。

この後、退院する日までペンは食事は全て完食しました。

よく「病院食は不味い」と言われますが、全然平気。

絶食の威力でしょうか。
それとも……私の舌が貧しいのか。

一番の理由は「点滴生活に戻りたくなかったから」
なのでしょうがふらふら


さて、食事が始まると必要なもの。

それはです。

意外かもしれませんが、病院には箸はありません。
MY箸、そしてスプーンが必要です。

どちらか、ではなく両方あれば便利です。
おかずによっては箸では食べにくい場合があります。

やはり病院食は柔らかめになっていますので。


ランキングに参加しています。
↓よろしければポチッとクリック願います♪

人気blogランキング


posted by はしばみペンギン at 22:31 | Comment(0) | 入院生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。