2009年02月12日

潰瘍性大腸炎患者が本当にききたいこと


潰瘍性大腸炎患者が本当にききたいこと
著者: 日本炎症性腸疾患協会 /福島恒男
出版社: 弘文堂
サイズ: 単行本
ページ数: 184p
発行年月: 2008年12月



本2008年12月31日発行の本です。

タイトルにあるように潰瘍性大腸炎患者が聞きたい疑問点がQ&A方式で説明されています。
「薬を飲む時の注意点」や「どのような時に手術になりますか?」など通常の治療の最新データが書かれています。

特筆すべきは「子ども・高齢者」の潰瘍性大腸炎患者が気をつけることや、「妊娠・出産」についてなど、今まであまり語られてこなかった事項が詳しい事でしょうか。担当医師になかなか相談しにくい事も書かれているので助かります。

「会社に病気のことをどう伝えるか?」や「就職活動はどうするか?」など日常生活や社会生活についても詳しいので、一読の価値はあります。

しかし、詳しい本が必要になるほど潰瘍性大腸炎患者が増えているというのはなかなか複雑です……あせあせ(飛び散る汗)



ランキングに参加しています。
↓よろしければポチッとクリック願います♪

人気blogランキング


http://tbbank.exblog.jp/tb/59




posted by はしばみペンギン at 19:37 | Comment(5) | TrackBack(0) | 潰瘍性大腸炎の本&参考図書
この記事へのコメント
ぺんさんこんにちは!
体調はいかがですか〜

さっそく注文してしまいました〜
発病当時はいろいろ知りたくて読んだものでしたが。
最近出た本ということ、あと、とても内容が濃そうな感じなのでとても読みたくなりました。いつも情報ありがとうございます!

Posted by まる at 2009年02月12日 20:37
>まるさん

こんばんは!早々にコメントいただきありがとうございます(^^)v

「129の質問」は潰瘍性大腸炎患者なら一度は考える事が多くて「そうそう、それが聞きたいんだよ!」って感じです。
まるさんのお役に立つと良いのですが(^^;
Posted by はしばみペンギン at 2009年02月12日 21:59
こんばんは。
最近本が増えている気がします。
この本は以前から気になっていましたがまだ読んでいないです。
病気自体珍しくないようで増えて難病の審査が厳しいと医師から聞きました。
Posted by アイス at 2009年02月13日 02:49
おはようございます。
僕は割と何でも質問する方なんですが、
多いのが、その時は次これ聞いとこっって思ってた事を、行った時には忘れてて聞きそびれるんです。
で、あ〜来月やな・・・ってまた忘れるんですね〜
最近先生に「最終的にはどうなんの??大腸癌??」って聞きました。
先生はさらっと「可能性大やなぁ〜。潰瘍に腫瘍があっても分かりにくいしなっ!!」
って言ってました。
ちょっと真剣にこの先の生き方を考える様になってきました・・・
でもなぁ〜んもしてませんが!!(笑)
必ず本読んで見ますね!!
Posted by だち at 2009年02月22日 08:03
>アイスさん

こんにちは。
大阪府でも難病指定から外れるという話が出てました。今回は流れたようでしたが将来的には外れるかもしれないですね。ううむ、外される前に内視鏡検査をしてもらわねば(笑)

>だちさん

「潰瘍性大腸炎患者は大腸がんになりやすい」というのは定説のようですが、医師が「可能盛大」とは言ってほしくないような(^^;まぁ、可能性というのは確立の問題ですが(^^;
どうすればガンになりにくい身体になれるのやら……それがわかれば苦労はないわけですが。
Posted by はしばみペンギン at 2009年02月22日 11:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。