2006年01月02日

入院生活で役に立ったもの:その2

絶食は2週間の予定でしたが、3週間になりました。

潰瘍性大腸炎は大腸の病気です。

一番の治療は大腸を休ませること=食物を入れないこと
なわけで。

先に書いた通り「食べれない事」はそんなに辛くはありませんでした。
点滴が痛いことを除けば、快適な入院生活でした。

なにせ、寝ているだけですから3

新しい部屋にはTVも冷蔵庫もありましたし。

TVは見た分だけ金額がかかるプリペイド形式。
今はほとんどの病院がこのタイプじゃないですかね。

ヒマなのでぼんやり見ている=お金がかかって仕方がない。

で、おススメなのがラジオです。

家電量販店で売っているような1000円程度のもので充分です。

但し、イヤホンがあるもの

個室でないのなら、イヤホンは必須です。
団体生活なのですから、気をつけましょう。

ラジオなら消灯時間が過ぎても、寝転がったままでも聴いていられますし、
必要なのは乾電池のみなので費用もかかりません。

唯一の問題は
声が出せないこと。
静まり返った病室内に笑い声&怒鳴り声が響くのはあまりにも不気味です。
お笑い番組や、スポーツ中継を聴く時は充分注意しましょう。

阪神タイガースFANのペンは、
ほとんどの時間をタイガースナイターに費やしました。

ヒッティングマーチは口パクだけ。
ホームランが出ても声を上げてはならない。
打たれても「バカやろう!」と野次れない。

……けっこうツラかったです2哀.gif


ランキングに参加しています。
↓よろしければポチッとクリック願います♪

人気blogランキング




posted by はしばみペンギン at 12:31 | Comment(0) | 入院生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。