2014年12月31日

2014年も残りわずか

早いもので2014年も終わりです。
今年は十数年ぶりに東京に行ったり、勤務先の組織変更があったりしてバタバタしましたが、充実した一年でしたるんるん

潰瘍性大腸炎患者としては「難病医療費助成制度」が変更になったのが最大のニュースでしょうか。
今まで以上に体調管理に気をつけなくてはなぁと思います。

最近になってようやくわかったのですが、ペンの大腸君は食べ物よりも気温変化と睡眠不足に敏感に反応するようで、急に寒くなった時に夜更かしすると覿面に悪くなるようですあせあせ(飛び散る汗)
腹巻と靴下が手放せない。

とはいえ調子に乗るのは良くないのでお正月のご馳走はほどほどに。
まぁ、健康な人でも暴飲暴食は身体に良くないのですからストレスにならない程度に食事制限は続けています。

自然災害や事故が多い年でもありました。
いつも通りの穏やかな年末年始が送れることに感謝しつつ。

皆さま、どうぞ良いお年をお迎え下さい。
来年もどうぞよろしくお願い致します。

はしばみペンギンでした。


ランキングに参加しています。
↓よろしければポチッとクリック願います♪

人気blogランキング
posted by はしばみペンギン at 18:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2014年12月11日

難病申請に行って来ました


早いもので12月。師走です。
難病申請に行って来ました。

2015年1月から難病医療費助成制度が新制度に変わるので年内に手続きをしないと、現在の助成対象者に与えられている経過措置(3年)が受けられないのでギリギリですあせあせ(飛び散る汗)

今までは家族に申請してもらっていたのですが、今回は新制度について聞きたい事があったので自分で行って来ました。

平日、通院の後に午後休を取得して行ったので空いていました。
五分ほど待って書類を提出。

特に何も質問されることもなく「はい、いいですよ」と受理。
今までのように継続ではないので、新認定書が送付されて来るまでは病院でまず支払い、後ほど返金という形になるそうです。
まぁ、早く申請に行かなかった私が悪いし、症状が落ち着いているので限度額を超えることもないからそれはいいとして。

聞きたかったことは新制度より追加になった

「指定医療機関および指定医」のこと

簡単に言えば国の許可がある病院&医者でないと助成金は出さないよ。ということです。
じゃあ「どこの病院が対象なの?」となるのですがまだ決まっていないとか。
「だいたいの病院はOKなんじゃないかなぁ」と実に緩い返事をいただきました^^;

申請書に現在通院中の病院を記載して提出してきました。
引っ越しなどで病院を変わった場合は変更連絡が必要とのこと。

新制度では自己負担額が増えるとともに、軽症で医療費が高額ではない人は対象外になるみたいです。
ちなみに高額とは医療費が月10万円の人。G−CAPを受けている方は対象になるということかな。

気になるのは「経過措置の終わった4年後はどうなるの?」ということですが、これについては明確な返答が。

わかりません

現状の社会情勢を見るに、負担が増えることはあっても減ることはないでしょうから
今から貯蓄をするしかないですね。

それまでに1日1回飲めば良い!みたいな新薬が開発されて治ればいいのにな。


ランキングに参加しています。
↓よろしければポチッとクリック願います♪

人気blogランキング
posted by はしばみペンギン at 20:42 | Comment(8) | TrackBack(0) | 潰瘍性大腸炎
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。